14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2010年01月11日 (月)
■ JkDefrag

JkDefrag v3.36年末にMini-ITXの話題をしましたが、そのときに「わが家には遅すぎて使い物にならない第三のPCがある」ということを書いたかと思います。CPUがIntel Celeron 497MHzで、メモリは192MBしかないし、HDDに至っては10GBだって。最初はWindows Meが載っていたと思ったので、1999年頃のものでしょうかね?そのPCを上の娘が塾だか何かのために使うのでセットアップすべしと言ってきました。たま~にしか立ち上げないから、WindowsのUPDATEをしているうちに時間が無くなってしまうのが毎度のことなので、そういうのを先に済ませて欲しいということのようでした。

ま、用途としてはWebアクセスだけですし、いくら遅いとは言っても立ち上がりがしんどいくらいで、一度上がってしまえば、それこそWebアクセス程度はこなせます。とはいえ、やはり少しでも早いほうがいいということで、ディスクの掃除をすることにしました。10GBしかないので、不要そうなものをどんどん削除し、自分のPCで使っているSmartDefragにフラグメンテーションを解消させようとしたところ、全然解消しない‥。昔は私もPCのことをあまり知らず(今も知らないけどさ‥)、デフラグなんてやってなかったからな~。というわけで、困ったときの「ググり頼み」ということで探してみたところ、JkDefragというフリーソフトを発見。私が試してみたのは、写真でも分かるようにv3.36です。

Windows標準のデフラグは、HDDに15%以上の空きスペースがないとデフラグをしてくれないそうですが、このJkDefragの場合は空き容量がもっと少なくても動作してくれるそうな。というわけで、SmartDefragに見放された10GBのHDDをJkDefragを使ってデフラグさせてみたところ、結構いい感じにフラグメンテーションを解消してくれました。おかげで立ち上がり速度もだいぶ改善されたっぽい。最近ではHDDの大容量化も著しいので、デフラグができなくて困るなんていうことも無いだろうけど、ちょっと旧式のマシンでHDDの容量も厳しい‥なって場合には試してみる価値があるかもしれません。ちなみに最新はMyDefragって名前に変わっているようですね。

炭熾し | Top | 6年生
■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |