14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2010年01月16日 (土)
■ ギャンブラー

日航株デイとレーダーの標的に(2010年1月16日 読売新聞朝刊より)事実上破綻した日航の株が大変なことになっているそうです。数日前にストップ安の37円というニュースを聞いたと思ったら、翌日には7円になったのだとか。私は株は全く分からないのですが、売買停止になるストップ高とかストップ安というのは、日本独自なのだそうですね。ストップ安というルールが無かったとしたら、一気にどこまで落ちたのかと思うと恐ろしい限りです。ま、株はやってませんので直接被害を受けることはないのですが。

その、1株7円にまで落ち込んでしまった日航株が、デイトレーダーと呼ばれる個人投資家の標的になっているのだそうです。何でも、昨日の出来高(その日に売買された合計株式数)が約5億4000万株にもなったとのこと。東証でも3日連続トップなのだそうです。なぜか?株価が10円を割り込むようなことになると、少ない資金で取引が可能になることと、株価が1円上がるだけで1割以上の利益が出るというあたりが魅力なのだとか‥。そりゃ、この不景気ですから、一瞬にして1割の儲けが出るなんて普通じゃないですね。

まぁ、いくら「少ない資金」とはいえ、それなりの数を売買しないと意味がないわけですから、誰もが手を出すというわけではないでしょうが‥。これって結局、ギャンブルですよね。株を買って企業に投資する‥というのとは全く関係の無い話。どこの企業だろうと、関係ないわけです。話題性があって、乱高下すればよいだけ‥。お金があって困ることって‥普通の人には想像できませんけど、だからといってそこまでお金に執着するのもどうなんだろ。こういうのだけには手を出したくありませんね。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |