14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2010年12月05日 (日)
■ 麺場 浜虎 塩鶏そば

麺場 浜虎 塩鶏そばRICOH GX200 24mm ISO154 F2.5 1/14

今日は、姫の写真を撮ってもらいに本牧まで行ってきました。かつて、マイカル本牧と呼ばれていた(というか、今もそう呼ばれているのかしら?)場所にあるベイタウン本牧 5 番街の 4F ‥モトマチドッグ本牧で、お知り合いが犬の出張撮影をしているということなので行ってみたわけ。しかし‥本牧のあたりは寂れてしまいましたね。かつては磯子方面に向かう道沿いに、結構な数の、それなりに名前を聞いたことのある商品を扱うような店舗があったと思うのですが、今では全て空き状態になっており、「テナント募集」の張り紙が見えるだけ‥です。まぁ、お世辞にも場所がよいとは言えない(交通の便が悪い)ですからねぇ。

で、撮影にはご近所のアンディさんと一緒に行ったのですが、出掛けたのがちょうど昼時だったこともあり、人間の食事を済ませてから行こうということにしました‥。先週の日曜日にも横浜駅に行ったのですが、その時に行ったラーメン屋に今日も行きたいというカミさんの意見により決定。場所は、横浜駅周辺の店舗としては、やや外れた位置にある鶴屋町 1 丁目‥。自動車で横を通り過ぎたくらいでは、それがラーメン店であるとは分からないかもしれない地味目の店‥「麺場 浜虎」という名前のラーメン店っぽくない店舗ですが、個人的には派手な看板やら幟だらけの店舗はどうも‥なので、好感が持てます。

なぜカミさんが二週続けて同じラーメン店に来たいと思ったのか。それは、先週食べたのが XO 醤入りという「醤そば」だったのですが、そのときに隣にいたカップルが食べていた塩味のやつがとても美味しそうに見えたから‥だそうです。というわけで、今日はカミさんも私も「塩鶏そば」を選びました。680 円の醤そばに対して、塩鶏そばは 830 円とやや高め。玉子入りというのを勘案しても、ちょっと高いかな?という感じです。塩系のラーメンって、食べた後にたいてい「やっぱり醤油にしとけばよかった」と後悔することが多いのですが、これはそんなことも無かったですね。でも、私としては醤そばのほうが好み‥かも。

小鰭 | Top | SIGMA DP2s
■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |