14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2010年12月07日 (火)
■ 大学

pen No.280 2010 総力特集「オトナの大学。」RICOH GX200 24mm ISO64 F2.5 1/84

大学‥日本の最高学府にあたる教育と研究の最高機関。こんな私ですが、大学には六年間通ってました。いや‥高校卒業直後に、一年間代々木大学に行ってたので、都合七年間になりますか‥って、それはまぁ冗談ですが。六年間大学に行っていたのは、単位を落としまくって留年していたからではなくて、学部を卒業した後に博士課程前期(修士)の二年間をさらに大学で過ごしたのが理由です。それほどに勉強が好きで熱心だった‥なんてことはあまりにも嘘くさくて言うのが憚られるほどですが、勉強がしたくなければ進学するわけはないので、少なくともキライではなかった模様です。

ですが‥キライではなかったとはいえ、全部の勉強が好きだったわけではないです。興味のある分野、知的好奇心をくすぐられる科目はもちろん限られているわけです。だから、自分のやりたい勉強だけをつまみ食いしているオトナから、好き嫌いせずに勉強できるうちはやっておけとか言われるのは心外だったのですが、自分がいざオトナになってみると「思う存分勉強ができるって幸せだなぁ‥」などと、試験勉強で死にそうになったことなんてすっかり忘れて言ってしまうわけです。オトナって嫌ですねぇ‥。でも、とりあえずそのための時間があるっていうのは羨ましい。

というわけで、優秀な成績からはほど遠く、成績が加山雄三(可が山のようにあるのに優が三つしかない)だった私でも、こういう「取っ付きやすそう!」と思える本にはついつい飛びついてしまったりします。とはいえ‥買っただけでまだほとんど読んでないあたりが、学生時代をそのまま引きずっている気がしなくもないですが‥。まだまだ仕事が忙しいだけで、会社のために身を削っているような感じですが、もうちょっと自由な時間が増えてくれれば勉強もしちゃうのになぁ~と思うわけ。ほとんど何の役にも立たないかもしれない知識でも、新しいことを知るのってワクワクしますものね。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |