14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2011年12月13日 (火)
■ 冬の自転車靴

休憩中@恩田川
RICOH GX200 28mm ISO64 5.4 1/540 EV-0.3

先週は思うように自転車通勤ができなかったのと、昨日は休暇を取ったこともあって、先週の水曜日以来の自転車通勤になりました。1 週間も自転車に乗ってないと、たった 1 週間とはいえ自転車用の筋力は落ちています。なので、再開初日はギアがとても重く感じるのです。最近のクロスバイク程度であれば、18 段変速くらいのギアを持ってますし、場合によっては 27 段なんていうのも結構あったりするので、1 段軽いギアを選べば済むような問題なのですが、私の CrossCheck は 2 段変速に改造してしまったので、普通の自転車のような「ちょっとした調整」ができません。

まぁ、そんなことは先刻承知の上で改造したので、別にどうってことはないのですが、あらためて自分の筋力低下ぶりを見せ付けられるのはあまり嬉しいことではありません。それでも、1 日乗ればだいたい元の感覚に戻りますし、とにかく乗れれば解決する問題です。そして、久しぶりに自転車に乗るともうひとつ気がつくことは、気候がちょっと変わったぞ‥ということです。もちろん、常に違いが分かるとは限らないと思いますが、今時分のように季節の移り変わりを感じやすい頃に 1 週間も開けてしまうと、急に季節が進んだような気になるのです。

具体的にいうと、今朝は風を冷たく感じました。気温で比べると大した違いが無いように思うのですが、明らかに風が冷たくなったと感じました。どうしてそう感じるのか?風が冷たいと足先が冷えて痛くなってくるので、それによって風の冷たさが分かる‥そういう仕組みです。今日は、この冬初の足が冷たくて痛いなぁと感じた日‥だったのです。自転車の靴というのは、足が蒸れないように風通しがよくなっているので、寒い時期は余計に冷たくなるのですよね。自転車靴の風除けカバーはここ数年使わずに済みましたが、今年の冬はどうなるでしょうか。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |