14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2012年11月05日 (月)
■ SURLY Tuggnut

SURLY Tuggnut
RICOH GX200 28mm ISO135 F3.0 1/32 EV0

「チェーンが伸びる」という表現を聞いたことがあるでしょうか。人間の脚力を自転車の推進力に変換する仕組みの一部ですし、自分の重た~い(?)体重に耐えて、おまけに上り坂を持ち上げるなんてことにも使われますから、伸びちゃったら困りますよね。もちろん、よほど特殊なものでない限り、自転車のチェーンは金属製ですし、普通の人が渾身の力を入れて引っ張ったところで「輪ゴム」のように伸びたりするものではありません‥。では、どうしてチェーンが伸びるという表現が存在するのでしょうか。

それは本当に伸びるからです‥。何だか矛盾したことを言っているように聞こえますけど、チェーンは伸びるのです。いや‥伸びるという表現は正確ではないかもしれません。チェーンは小さな部品がたくさん繋がった構造をしているわけですが、ひとつひとつの小さな部品同志が繋がっている部分が使っているうちに磨耗してしまい、ガタつきが生じてくるのです。ひとつひとつのガタつきは小さいけど、たくさんあわせると大きなガタつきのように見える。そのせいで、あたかもチェーンが伸びてしまったかのように見えるわけです。

チェーンが伸びるとタルミます。変速機構を持たないシングルの自転車は後輪の位置を後ろに少しズラすことによって、チェーンがタルんでいないかのように調整します。後輪は脚力とチェーンによって常に前方に引っ張られているので、後輪を止めているボルトが万が一ユルむと大変。そんなとき、大変なことにならないようにしてくれるのがこの SURLY Tuggnut です。Above bike で買ってきたのですが、まだ装着していません。ちょっと面倒そうなので。だから、タイヤ交換でもする際に一緒にやればいいかな‥なんて思っています。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |