14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2012年11月13日 (火)
■ 東京ジテツー 2 日目

銀座 4 丁目交差点にて
RICOH GX200 24mm ISO154 F2.5 1/6 EV+0.3

昨日の朝はまだ小雨の残る感じの天気でしたので電車通勤でしたが、今日は天気が持ちそうなので自転車で行きました。つまり、今日は東京自転車通勤生活の 2 日目。さすがに先週の「初日」に比べれば、だいぶリラックスして走れましたね。でも、そうは言っても以前のように自動車と無縁の道路をのんびり走るのとは違い、交通量がそれなりに多い車道をひたすら走ることになるので、気が抜けない状態が続いて疲れますね‥。

で、2 日目にして早くも失敗をやらかしてしまいました。走り出してからどれくらい経った頃でしょうか‥「あ!ライト忘れた‥」ということに気づいたのです。自転車で出掛けるときには、一応ライトを持って行くことにしているので、先日出かけた際もバッグに入れておいたのですよ。でも、今日は先日のとは別のジテツー用 TIMBUK2 Classic Messenger の XL サイズを背負って出社したけで、ライトを戻し忘れてしまった‥と。

仕方がないから今日は午後に予定されているミーティングが終わったら速攻で帰ろう‥そう思っていたのですが、既に日の入り時刻が 16 時台に入ってしまっているとのことで諦めました。とはいえ、無灯火で帰るのは忍びないので、こういう時のために嵩張らない小さなライトを買うことにしたのです。というわけで、帰りがけに有楽町にあるビックカメラの自転車コーナーに行って買ったのが下の写真のライトです。

FJK USB 充電式 LED ライト
RICOH GX200 28mm ISO64 F2.7 1/42 EV-0.3

100 円と比べるとサイズが分かるかと思いますが、ハンドルなどに取り付けるゴム製のバンドを別にすれば、USB メモリー程度のサイズです。実際、USB メモリーの機能はありませんけども、USB ポートに差し込むことで充電する充電式 LED ライトです。スペックシートによれば、連続点灯で 2.5 時間、連続点滅で 5 時間持つそうな。明るさは全く期待できない「とりあえず光ってる」くらいのレベルではありますが、非常用ということで‥ね。

東京は明るいので特に‥かもしれませんが、未だに無灯火の自転車が結構いますね。自転車に乗っている本人は「とりあえず見えるし大丈夫」などと言うかもしれませんけど、「自転車に乗っているあなたを周りが認識するため」という別の役目も重要であることを忘れてはいけません。暗くなるのも早くなってきましたし、小さなものでもまずはいいので、前後共に自ら光を出すタイプのライトを点けて自転車に乗って欲しいですね。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |