14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2012年12月20日 (木)
■ お手本ヘルメット

宮城県警が自転車ヘルメットの着用を開始
RICOH GX200 35mm ISO64 F5.2 1/143 EV0

今の子供たちは知らないだろうけど、ドリフターズの加藤茶のネタのひとつに「交番勤務(らしい)警官モノ」がありました。白バイならぬ白チャリにまたがって鼻歌まじりに舞台の袖からヨタヨタと走ってくる姿に見覚えがある人もいるはず。警察官が自転車に乗る図というのは意外とよくある風景なので、加藤茶の警察官ギャグではなくて実際の風景として見たことがある人はたくさんいるでしょう。それくらい、警察官と自転車というのは意外と相性(?)がいいのです。

その白チャリ‥自転車乗りの目から見ると、お世辞にも自転車の乗り方の「見本」にはなっていなくて、とにかく歩道走行が基本だし、よ~く観察すると「それ違反では?」なんていう走り方も平気でしているところを見かけることがゼロではありません。この手の話題は自転車乗りの間でよく出るのですが、そんな汚名を返上すべく‥なのか、今日の読売新聞朝刊に載っていた話題がコレ。宮城県警の警察官が自転車用のヘルメットを被ることにしたそうです。

これはいい試みだと私は思います。記事によれば「13 歳未満の子供にヘルメット着用を促す努力義務が保護者に求められている」ことを受けて子供のヘルメット着用率を向上させる狙いがあるのだとか。子供のうちにヘルメットに慣れておけば、大人になってもヘルメットを被ることに対する抵抗感が少しは減るでしょうね。そして、自発的にヘルメットを被る人がもっと増えるといいね‥と思うのです。あくまでも強制ではなく自発的‥そんな自転車がステキなのです。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |