14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2013年01月05日 (土)
■ TOYOTA PASSO

TOYOTA PASSO
RICOH GX200 24mm ISO154 F5.1 1/15 EV-0.3

1 月 2 日に実家から帰る際に、自動車が故障しました。少し前からベルトがキュルキュルと音を立てることがあって、「ディーラーに持っていかねば‥」と思っていたところだったのですよね。でも、2 日は車のほうが便利だったので、今日くらいは持つだろう‥そう思って出掛けたのですが、実家を出て少ししたところでダメになってしまいました。オルタネーターを回さなくなってしまったようで、これは現代の車を夜間に走行させるには致命傷。任意保険のロードサービスを使って、現場に比較的近い民間の修理屋がローダーを持ってきてくれて救助されました。

で、最初は自宅まで運んでもらって、正月あけにディーラーに引き取らせようと思っていたのですが、ロードサービスをしてくれたところも工場を持っており、「ウチで修理してくれるなら代車も出しますよ」との申し出に乗っかって、車は保土ヶ谷付近に置いてきたのです。で、代車として貸してもらったのが TOYOTA PASSO という車で、トヨタの車の中ではベーシックなモデルになるのでしょうかね。人を乗せて荷物を運んで‥という機能を最低限満たすという感じの車なので、正直言って「乗っていて楽しい」というタイプの車ではありません。

何が一番楽しくないかというと、ハンドリングが奇妙なのですよね。そいういえば、いわゆる FF 車というのはこういうハンドリングのクセがあったっけ?と思い出させるような感じ。カーブを走るときの重さが奇妙な感じ‥と、言ったらいいのでしょうか。でも、そんなことを言うのって、私のようなオッサン世代以前の古い人間ばかりなのかしらと思ってみたり‥。私ももっと歳をとったら小さい車に乗ることになると思うのですが、その頃になってもこういう車を選ぶことは無いだろうなぁと思ってしまいました。やっぱり車は運転していて楽しくなくちゃね。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |