14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2013年02月07日 (木)
■ インフルエンザ予防注射

イナビル(抗インフルエンザ薬)
RICOH GX200 28mm ISO80 F2.7 1/32 EV-0.3

朝になって熱は平熱に下がっていたものの、身体のダルさ等は無くなりません。それほどではないものの咳も出ているので、会社を休んで様子を見ることにしました。仕事が若干気になるものの、しっかり寝て体力回復をせねば‥と、思って布団に入って横になってました。しかし、体調は一向によくならず‥熱も再び上がってきました。一番熱が高くなったのが 39 度ほど‥これは普通の風邪じゃなくてインフルエンザっていうやつでしょうなぁ。とはいえ、ダルすぎて寝ているしかない。結局、帰宅後のカミさんに近くの休日夜間診療所に連れていってもらいました。

診療所で検査したところ、A 型インフルエンザとのこと‥。で、「1 回だけですごく効くから」と言われて処方されたのが写真のイナビルっていう抗インフルエンザ薬。1 を押して吸い、次に 2 を押して吸う‥という 2 アクションで 1 セットなのですが、大人はそれをもう 1 セットする必要があります。それなりにしっかり吸い込まないと肝心の薬がうまく吸引できないのでしょう‥どれくらい吸い込めばいいかを知るオモチャの笛みたいなものまで付属してました(写真下)。この笛が鳴る程度に吸い込めばいいそうな。ま、普通の人には要らないものですね。

イナビル吸入確認用の笛(?)
RICOH GX200 28mm ISO114 F2.7 1/32 EV-0.3

ネット情報によれば「イナビルすげー!」という感じで、効きの凄さを実感している人が多い。私の場合、診療所で 37.9 度だった高熱が、イナビルを吸入してたいして時間が経たないうちに 37.0 度まで下がったのがオドロキでした。今の薬ってスゴイんですねー。さて、これでハッキリしたわけですが、このインフルエンザは間違いなくカミさんが外出先からいただいてきたモノでしょう。カミさんも週末は寝て過ごしましたが、熱も大して上がらず、もちろん抗インフルエンザ薬のお世話にはなっていません。私とのこの違いは‥インフルエンザ予防接種の有無にあったはずです。

私の会社はインフルエンザ予防接種を社員に無料で実施してくれます。単純に喜んで接種を受ける社員が多いのですが、私は基本的に受けません。というのは、同じことをするなら社員以外にやって欲しいと思うからですが、そんな想いは通じないでしょうね。まぁ、それはさておき、今回の一件で思ってしまったことは、インフルエンザの予防接種は接種を受けた本人のためにはなっても社会のためになっているかどうかは怪しい‥です。誤解を受けないように言い直すと、働き盛りの世代にはインフルエンザ予防接種は却ってよくないのでは?です。

というのは、感染しても症状が軽くて「インフルエンザじゃなさそうだから大丈夫」と、いつもと同じような生活をしてしまうのでは‥と。で、それは結局、インフルエンザ・ウィルスを撒き散らしているだけなんじゃないの?と、思うのですよ。未接種の人と比べたら撒き散らす量が少ないとしても‥。以前から何となくしっくりと来なかったインフルエンザの予防接種ですが、今回の一件でさらに疑問を抱くようになってしまいましたね。このままだと来年も予防接種はパスですが、来年は下の娘の受験の年なので、カミさんは大層怒るでしょう‥。どうしようかなぁー。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |