14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2013年03月03日 (日)
■ eneloop 騒動

eneloop 単3型
RICOH GX200 28mm ISO114 F2.7 1/32 EV-0.3

昨日、ネット上で騒動になっていることで知ったのですが、eneloop のデザインが変わるらしいです。どのように変わるのかというと、eneloop と大きく書かれていたロゴの代わりに Panasonic と大書されるようになるのだとか‥。そう変えるのは無いんじゃないか?ということを言う人が多いようで、実際のところは私も「ちょっとガッカリ」してしまった一人です。どうしてガッカリしてしまったのかをうまく説明できないのですが、長く使ううちに「eneloop = 電池」という公式が出来上がってしまったのだと思います。

そもそも eneloop を使うようになったのは、たぶん 2007 年の頃のことで、シンプルなデザインが気に入ったというのがキッカケのようです。結局、それまでの電池とは違ってメーカー名が大きく書かれているわけでもなく、色の感じも全然違うところが気に入ったのだと思います。それらは電池の性能そのものには何も関係の無いものですが、だからこそ eneloop を eneloop たらしめた原動力になったのではないか‥そう思うわけです。そうやって自分の中では当たり前になったことが変われば‥ショックですよね。

なぜこんなことになってしまったのか‥単に Panasonic の経営陣の頭がおかしいということではなくて、独占禁止法の観点から止むに止まれぬ措置だったという話もあります。しかし、何が真の原因とはいえ、eneloop が eneloop っぽく見えなくなってしまうのは非常に残念だと思います。単なる 1 ユーザーに過ぎない私が残念に思うくらいですから、eneloop のデザインを担当した方はさぞ落胆したことかと思います。たかが電池、されど電池‥なのですが、eneloop のファンとしてはやっぱり残念です。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |