14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2013年04月17日 (水)
■ 緑色

公園の樹(桂?)を下から見上げたところ
RICOH GX200 28mm ISO96 F4.8 1/32 EV+0.7

今週は、ごくごく普通の 1 週間です。ということは、水曜日と金曜日が自宅勤務の日ですので、今日は自転車通勤はお休み。それに合わせて‥というわけではないのだけれども、今日は風がやや強くて自転車通勤だとちょっと大変だったかもしれません。お天気も曇りでスッキリしないです‥。でも、雨が降っているわけではないので、昼ごはんを食べにセンター北まで行きました。いつもはカミさんの MILANO を借りて行くのですが、今日はカミさんが自転車通勤の日なので、久しぶりに歩いて行ってみました。

公園と緑道を歩いて行くと、緑が急に濃くなってきたのを感じます。冬の間は枝だけになっている落葉樹が次々と葉を出すものだから、少し前は向こうの景色が「透けて」見えていたのが若葉の緑色で塗りたくられた感じになっています。いや、それにしても急に伸びたなぁ‥これで風がなければもっといいんだけど‥。ところで、若葉が大きくなってきて今日のように曇りの日には、樹の下に行って上を見上げてみるのをオススメ。なぜかって?キレイな緑色に包まれて幸せな気分になれるから。

今日の写真はそんなふうにして撮ったものです。可愛らしい丸い葉ですが、これは桂でしょうかね?春はこうして緑が楽しめて、夏は強い日差しを遮ってくれて、秋はまた春とは違った美しさを見せてくれるので、落葉樹というのはいいよなぁ‥と、季節が変わるごとにいつも思います。それにしてもこの緑色は気分を和ませてくれますよね‥。人間の目は緑色付近の波長の光に対する感受性がもっとも高いそうなんだけど、それとこれとは関係あるのでしょうか?ちょっと調べてみると面白そうな気がしてきました‥週末にでも調べてみよう。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |