14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2013年04月21日 (日)
■ Freedom "thickslick"

今日の戦利品(?)
RICOH GX200 28mm ISO64 F3.4 1/36 EV-0.3

4 月は出だしの 1 週間こそ悪かったけど、この 2 週間は自転車通勤が快調でいい感じに距離を伸ばせています。また、今度の木曜日がちょっと微妙な感じだけれども、月・火曜日は自転車で行けそうです。「ああ、そういえばブレーキシューから嫌な音が出てたな‥」安物リムのせいか、ボロいブレーキシューのためなのか、理由は定かではありませんが、リムが削れてブレーキシューに食い込むので、ブレーキを掛けてシャーという音がするようになってきたら、ブレーキシュー掃除のタイミングなのです。じゃあシューの掃除をしてついでにチェーンオイルでも注しておこう。

てな感じで昨日の夕方に作業をしようと自転車を下ろしたら‥ええぇ~、またパンクしてる‥。タイヤを注意深く観察すると前回のパンクの時と同じような小さな傷が増えてました。尖ったもので中を観察したら‥非常に小さいガラス状の破片が出てきました。なんか、そろそろこのタイヤはダメかも‥。とりあえずパッチ貼って 1 週間くらい頑張ってもらおうか。そう思ってタイヤを外したのですが何と穴の場所が分かりません。面倒くさいと思いつつ、洗面所で水に漬けても‥空気が漏れている場所が分からない。そんなバカな‥なのですが穴が分からなければ修理のしようがありません。

頭に来たので(笑)、急遽タイヤ交換をすることに。次はこいつがいいなぁと思っていたものはあったのですが、とりあえず‥ってことで昨夜はネットで色々と調べてました。結局、前から狙っていたタイヤにしようということで、上馬の BLUE LUG までレッツゴー!近所に自転車屋が無いわけではないけれど、私の欲しいようなものが置いてある店は無いんですよね。というわけで自動車で上馬まで行ってきました。雨が結構降っていたのでさすがに自転車客はゼロ。事前調査では引っかからなかった Continental GRAND PRIX Classic っていうシブイのにも惹かれつつ、結局、お目当てのこっちを買ってきました。Freedom の thickslick です。

thickslick 装着後
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/203 EV-0.3

今まで履いていたのは、チューブも含めて買った時についていた CST(チェンシンタイヤ)ですが、モデル名など何も無くグレード等は不明。減りが早いという感じでもないので、私の通勤路とコンパウンドの相性が悪かったのでしょうかね‥。生活自転車だからこそパンクとかはバカげているので、耐パンク性能に優れているらしいコイツを選んだというわけ‥というのは表向きの理由でして、とにかく見た目がメチャメチャかっこいい!完全にスリックでツルツルなトレッドに巨大な thickslick のロゴ。何もかも真っ黒な CST もシブかったですが、これくらいハッキリとしたロゴがあるのもかっこいいです。回っているとスピード感も出ますしね(スピードは変わりませんけど‥)。

ロゴがイカしてます
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/39 EV+0.3

ついでにハブナットをアルミ化して軽量化してみましたが、23C から 25C になったタイヤは重くなっているでしょうし、リムフラップなんか 2 枚重ね状態なのでトータルで重量増は間違い無し!でも、そんなことは大きな問題じゃないからいいんです。写真には写ってませんけど、FAR and NEAR のバルブキャップも同じゴールドカラーでちょっとしたカラーコーディネート。いやぁ、それにしても今日ついでに買ってこようと思ったチェーンリングが無かったのは残念でした。この際、チェーンリングだけとは言わずに思い切ってクランクごと変えちゃおうかしら‥(次はそこですか!?)。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |