14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2013年05月28日 (火)
■ 16 分+α

野川交差点にて
SIGMA DP1x 28mm ISO100 F7.1 1/400 EV+0.3

今週は後半から雨模様になるそうですが、今日はまだ何とか雨が降らずに済みそうな気配です。雨がパラつく可能性もあり‥という感じの天気予報ではありましたが、「今日は降らない」というほうに賭けました。夜にミーティングがあったりするわけではなし、早めに会社を出れば大丈夫でしょ。というわけで、今日で 2013 年の東京自転車生活は 38 日目、走行距離は 1900km(通算 48 日目、2400km)になりました。5 ヶ月で 2000km 突破したかったのですが、もうちょいのところでダメでした。惜しい!

今日の話題は昨日の朝の自転車通勤の話です。自転車通勤の日は往路、復路ともに腕時計のストップウオッチ機能を使って出発から到着までの時間を計測しています。時間帯の違い、天候の違いなどによって時間に差が出ますが、だいたいは 1 時間 10 分から 20 分の間に収まるという感じです。一番早かったのは 1 時間 5 分くらいで、一番遅いほうは‥寄り道しちゃったりするともう分かりませんね(笑)。ま、いずれにしろ、自宅と銀座間は自転車でも電車でも時間的にはあまり変わりません。

で、昨日思いついたのは、「自転車通勤で止まっている時間はどれくらい?」というもの。ちょっと面倒でしたが、信号で止まったら計時開始、動き出したら計時終了‥とやって、止まっている時間を計ってみました。かなりいい加減な計測ですが、銀座に到着したときの「合計停止時間」は 16 分+αという感じ。昨日は 1 時間 10 分で、今日は 1 時間 14 分でしたが、仮に 1 時間 15 分に対して停止時間が 15 分だったとすると、全体の 5 分の 1 に相当することになります。意外と止まっている時間って長いんですね。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |