14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2013年06月16日 (日)
■ ブレーキケーブル

UNEX ULTRA CABLE SET
RICOH GX200 28mm ISO154 F4.8 1/21 EV-0.3

自転車のブレーキを構成するパーツは大きく分けて 3 つ。ブレーキ本体とブレーキを作動させるブレーキレバーと、それらのパーツを繋ぐもの。ここが油圧ブレーキの場合にはオイルホースですし、ワイヤーブレーキの場合は文字どおりワイヤーとそのワイヤーを格納するアウターチューブ。私が子供の頃は、金属の棒やら部品やらが巧みに組み合わされていたロッド式なんていうものもあったけれど、今はさすがに見かけることはなくなりましたね。

私が持っている自転車は全てワイヤー式のブレーキですが、ブレーキ本体やレバーはそれぞれ違うタイプのもの。しかし、それらを繋ぐワイヤーには全く同じものを使用することができます。自転車とパーツの相性のようなものもなく、それならどれでもいいか‥となりがちなパーツの代表がブレーキワイヤーかと思います。人によってはかなり拘る部分だそうですが、私の場合にはそこまでの拘りはなく、それほど大きな違いを感じ取れるほど敏感ではありません。

だものでアウターとインナーの抵抗がどうしたこうしたという部分にはあまり興味がわかないのですが、困ったことにアウターケーブルの色やら素材感に納得できるものが非常に少ないのです‥。人によっては、そこはどうでもよいポイントかもしれませんが、ここが私の拘りどころ。その点で納得行くのが UNEX のブレーキワイヤーです。装着後は大して気にもならない部分なのですが、部品を買う段階ではどうしても気になってしまう変な部品なのです。ま、ある種の拘りですかね。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |