14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2013年07月07日 (日)
■ 青空に入道雲

入道雲
RICOH GX200 72mm ISO64 F7.9 1/540 EV-0.3

昨日も結局夜遅くまで仕事をしましたが終わりはまだ見えず、今日も朝早くから PC に向かって仕事をすることになりました。もうちょっと早く収束するかと思ってはいたのですが、なかなか思い通りに事が運ばずに気がついたらひと月が経過しそうな勢いです。昨日の話じゃないですが、どこかに行ってボケーっとしたいのですが‥。とりあえず、朝からずっと頑張りどおしでしたので、夕方になったら少しだけ余裕が出てきました。

では近所のコンビニにちょっとイイ物の買出しに‥なんて思って今日初めて外に出たのですが、帰り際に目についたのがムクムクとした入道雲。日がだいぶ傾いてきた頃なので、横から日が当たるような感じになってますが、だからこそより立体感が強調されてじっと見入ってしまうほど。この入道雲を見ると「あ~、夏だなぁ‥」という実感がより深まる感じがするのは私だけでしょうかね。暑さだけでも十分実感できますが‥。

この雲の下では激しい雷雨が降っていることと思いますが、雷雨もやっぱり夏の風物詩ですよね。近年ではゲリラ雷雨などというありがたくない呼ばれ方をされることもありますし、夕立という言葉には風情すら感じられるほどに、「そこまで降らなくても‥」と思うような激しい雨になったりするので、風物詩だ‥なんて言ってる場合じゃないかもしれませんけど。でもやっぱり「青空に入道雲」が、私のイメージする夏なのです。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |