14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2013年07月10日 (水)
■ 風通し

廊下は涼しいでしゅ
RICOH GX200 24mm ISO154 F2.5 1/3 EV-0.3

梅雨明けしてからまだ一週間も経っていませんが、連日の猛暑っぷりが半端無い感じですね。それでも下手すると効きすぎるくらい冷房の効いている電車で通勤する人々は暑さをあまり感じないのでしょうか‥。ご丁寧にスーツの上着まで羽織っているオジサマを目にすると、こっちまで暑くてタマラン感じになるのですが、着ているご本人はよほどの寒がりの方なんでしょうかね?

私が通う東京オフィスはその辺によくあるビルなんですが、ガラス張りになっていて見晴らしはいいものの、窓を開けて風を通せるような構造にはなっておらず、空調によってビル内の温度を調節する仕組みになっています。しかし、場所によって風量をうまく調節するような仕組みは無いのか、西向きの窓辺に近い私の席は、午後になると熱気が滞留してしまって我慢大会の様相です。

一方、自宅で仕事をする場合は窓を開けて風を通すようにします。さすがに無風の日はダメですし、強風の日も難しいのですが、たいていは適度な風が家の中を通り抜けてくれます。たとえ猛暑の日であっても、空気が風となって通り抜けてくれることで快適さが向上するんですよね。だから、紙の減ったオフィスももっと風が通るようにすればいいと思うんですよねぇ‥ホラ、風通しのよい組織のほうがいい‥なんてことがよく言われるくらいですしね。

ジリジリ | Top | 湿気
■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |