14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2013年07月26日 (金)
■ 鳴き声

蝉の抜け殻
RICOH GX200 28mm ISO64 F2.7 1/34 EV-0.3

だいぶ夏らしい雰囲気にはなってきましたが、今年の夏は異様に早かった梅雨明け直後の猛暑のおかげ(?)か、暑くてどうにもならん‥という感じではないですね。もっとも、それは私が住んでいる横浜北部近辺がたまたまそうなのだ‥ということでしょうけど。今年の夏は暑くなると予想されていたのが、さらに「上方修正」されたという情報も見ましたし、まだまだ暑い日は続くぞ‥とうことですね。

蝉もだいぶ本格的に鳴きだして来ましたが、鳴き声が増えてくるにつれて蝉の抜け殻もあちこちで目につくようになってきました。ミンミンゼミにアブラゼミ‥そのうち、クマゼミも鳴き出すでしょうし、ヒグラシの声も聞きたいですよねぇ‥。などと、蝉の声に耳を傾けているわけですが、前々から「ある鳴き声」が気になっていました。それは、”ジーーーーィイーーーー”と途中で転調するような感じで非常に長い時間かけて鳴く声です。

横浜で初めてクマゼミの声を聞いたときは新鮮な驚きを感じましたが、同じように暑い地方の別の蝉が北上しつつあるのだろうか?なんて思っていました。というわけで、蝉の鳴き声をネット上で公開してくれている人々のサイトをあちこち聞きまわっていたのですが、どうも違う‥。蝉の声はもっと「唄っているような感じ」で、単なる連続音にさえ聞こえるような鳴き声の蝉にはお目にかかれません。もしかして蝉だと思っていたのが蝉ではない?

ということで調査の枠を広げた結果、おそらくこいつでは?というのが見つかりました。それはカヤキリというキリギリスの仲間。あまり多くは見つからないのですが、YouTube にアップされていたカヤキリの鳴き声であるとか、虫の音WORLD さんのところにある「鳴き声検索」でもカヤキリの声が一番近い感じがします。ただ、カヤキリは基本的に夜行性だということなので、そこがちょっと違う感じなんですよねぇ‥。

今年の夏は、この鳴き声の主を特定してみる‥ということを楽しみにしようかしら。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |