14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2013年12月15日 (日)
■ 餅つきのコツ

醤油味で搗き立てのお餅を食べる
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/1150 EV-0.3

年末年始になるとあちこちから餅つきの話題が聞こえてきます。私が子供の頃は、ボーイスカウトの年中行事のひとつとして餅つきがありましたし、今はマンションの自治会の冬の行事としてすっかり定着しています。そのマンションの餅つきは来年のこと。昨日、ちょうど餅つきに関する打ち合わせがあったのですが、いくつかの理由から次回は餅の量を若干減らしてみよう‥ということになりました。はてさて、それは吉と出ますか凶と出ますか‥。

餅づいているのか分かりませんが、今日はご近所さんの餅つきに顔を出さないか?というお誘いがあって、図々しくもノコノコ出かけてきました。昼ちょっと前にお伺いしたのですが、マンションの行事とは比べ物にならないような年季の入った本格的なものでした。さっそく搗きたてのお餅に大根おろし、葱、鰹節をたっぷりと掛け、醤油で味付けしたもの(写真)をいただいたのですが、搗きたてのお餅は美味いなんてもんじゃないですね。

昼間っからお酒もたんまりと振舞っていただき、搗きたてのお餅も色々な味付けで楽しませていただきました。食べて飲んでいるばかりでは申し訳ないですから、ひと臼搗かせていただいて、伸し餅づくりのお手伝いをしてきました。いや、しかし‥餅つきに関しては今日 1 日で色々と勉強になることがありましたね。来年になって実施するマンションの餅つきでは今日の成果を発揮したいところですが、うまく行くでしょうか?

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |