14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2014年11月07日 (金)
■ 【旅行 14 日目】 さぁ戻ろう‥でも

道後温泉本館
Apple iPhone5c ISO200 F2.4 1/553

今日は四国に別れを告げて本州側に渡ります。前回、四国に来たときは淡路島経由で四国入りし、坂出ルートで本州に戻ったので、今回はしまなみ海道を通って本州側に抜けるルートを選んでみました。せっかく愛媛に来たのだからココは行っておきたいよね‥ということで、今日は朝から温泉です。道後温泉と言ったら外せない写真の道後温泉本館に行きました。前回来たときも思ったのですが、回りのホテルはビルで背も高いし本館だけが浮いた感じになっちゃっているのがとても残念ですよね。

しかし、やっぱり「千と千尋の神隠し」に出てくる油屋とイメージ重なりますよねぇ。どうせだから温泉で働かれているスタッフの方々も昔っぽい服装にするなどして、思いっきりタイムスリップできるようなおもてなしがあってもいいよなぁと思うのは私だけでしょうかね。建物の周囲が現代風で残念なだけに、一歩足を踏み入れると‥っていうギャップをさらに強めたほうが特に国外からの観光客にはウケがいいんじゃないかと思うのですが‥。もう道後に拘らなくてもいいからズバリ油屋を誰か作ってください(笑)。

大三島より瓢箪島
Apple iPhone5c ISO50 F2.4 1/1506

道後温泉で旅の疲れを癒したら、そのまま今治に向かってしまなみ海道に入りました。いやぁ、それにしても九州、四国と長期に渡って堪能できましたよ。そろそろ旅も終わりと思うとちょっと寂しくなりますので、島にちょこちょこ下りたりしてみました。上の写真は大三島から見た瓢箪島(中央の小さな島)ですが、ひょっこりひょうたん島のモデルではないかと言われている島だそうで、なるほど「そのまんま!」という感じです。そうこうしているうちに本州に入り山陽自動車道へ。でもこのまま真っ直ぐ帰るのも面白くないな‥。

鳥取砂丘
Apple iPhone5c ISO200 F2.4 1/797

ということで、そのまま本州を突き抜けて鳥取砂丘まで行ってしまうことにしました。前に四国に来たときと同じ頃に鳥取砂丘にも一度行ったことがあるのですが、せっかく近くまで来た(全然近くないかも‥)のだからもう一度見ておきたいよなぁ‥と思いましてね。それに渋滞なんかにハマったりすることが無ければ日没には間に合うかもしれないし‥。道路の選択もうまい具合に行ったようで、駐車場に車を置いて砂丘が見えたときにはまだ日の入前でした!やったー。でもここから砂丘の頂上までが実は結構あるんですよね‥。

日没には間に合わず
RICOH GR 28mm ISO100 F3.5 1/125 EV-0.3

もうちょい、あと少し‥砂丘の頂上に上がったときには日が沈んだ後でした。ちょっと残念。しまなみ海道で寄り道しまくってなければもっと早い時間に到着したんだけどなぁ‥。まぁ、そういうことも含めてこそ楽しい旅行なのですよね。しばし砂丘の風景を楽しんだ後は今日のこの後の行動を考えます。ひとまず、横浜には明日中に帰宅すれば OK です。ですので、どこかにもう 1 泊してから帰るのが一番真っ当でしょう。ではどこかに泊まるとして‥そろそろお腹がすいてきました。

鳥取砂丘より日本海
Apple iPhone5c ISO200 F2.4 1/417

砂丘を後にして鳥取駅のほうに行ってみました。駅の下のところに何かあるんじゃない?ということで車を停めて行ってみたのですが、食事をするような場所はあまり無く‥いわゆる駅の蕎麦屋で砂丘蕎麦なるものを啜って終わり。まぁ、あごちくわが入っていたからヨシとしますよ。ということで、昨日のうどんに引き続き今日の夕飯も質素(笑)。鳥取からは国道 9 号線を東に走り福知山市に入ったあたりにある道の駅「農匠の郷やくの」を最後の宿泊地にしました。

【旅行 15 日目】 ただいま~」へ続く。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |