14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2015年01月21日 (水)
■ 不食

今日の晩ごはん
RICOH GX200 28mm ISO64 F2.7 1/45 EV-0.3

昨年の年末のことなのですが、twitter のタイムラインに流れている不思議な言葉に目が留まりました。「不食」‥初めて目にする言葉ですが、「食べない」ことらしいということは分かります。で、twitter に出ていたリンク先を見てなかなかの衝撃を受けました。食べない生活のほうが色々な点でむしろ健康的‥それってホントかよ?と目を疑うことが書かれています。だって、健康診断の事前チェック項目にも「1 日 3 食摂っていますか?」という質問があるし、子供の頃から 3 食きちんと摂らないとダメ‥と教えられて来たわけで。

1 日 2 食の生活を続けている人は結構な数になるでしょうし、中には 1 食だけ‥という人も相当数いるのではないかと思います。とはいえ全く食べない‥というレベルの生活が続くとは思えないですし、仮にそんなことが可能だとしても、そこまでする気はありません。でも、1 日 2 食くらいならいいかも‥と思ったのは、不食について色々と調べていて見つけた「究極の防災手段としての不食」という話‥。防災関連のことに関わっていると、いかに食料を確保するか‥といった話が必ず出るのですが、食べないから確保する量は減るわ作るためのエネルギーも減らせるわ‥という逆転の発想に痺れました。

私は昔からお腹が空いても結構我慢できる体質なので、ものは試しにと今年に入ってから「会社に行ったときの昼食は食べない」という生活を始めてみました。随分と前から朝食はスムージー 1 杯という生活になっているので、昼食を抜くと 2 食どころか 1.5 食程度に減っているのかもしれませんけども‥。まぁ、それには体に入るカロリーが減れば、腹まわりの余分なものも多少は減るだろうという期待が込められていたりもするわけですけどね(笑)。勤務先の食堂で働く人々には申し訳ないですけどイマイチ魅力が無いので、少なくとも会社に行っている日は昼抜きの生活が標準になるかもしれません。

その生活が何ヶ月か続けば何らかの変化を感じることができるでしょうか‥。それとも会社に行っている日だけではなくて、規則正しく昼抜き生活を実践しなければ却って調子を崩すでしょうか。とりあえず今のところは何ともないです。さすがに夕方になってくると「お腹空いたな~」という感じになりますけど、それ以上のものは無いですね。ちなみに、消化のためにエネルギーを費やす必要がないので、集中力が持続するというのは本当だと思います。驚きの差がある‥という程ではありませんが、それは感じますね。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |