14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2015年02月05日 (木)
■ cruZer6 face

BRAUN cruZer6 faceパッケージ
RICOH GX200 28mm ISO74 F3.8 1/32 EV-0.3

私は髭が濃いほうではありません。むしろ薄いほう。しかし、そうはいっても放置しておけばどんどん伸びてしまうので、全く剃らずにおくわけにも行きません。とはいえ常にツルツルというのもつまらない(?)ので、最近は顎の鬚を伸ばしています。ここで、さりげなく髭と鬚を使い分けてみましたけども、いわゆる口ヒゲが髭で、頬のヒゲは髯で、顎のヒゲには鬚という字を使うのだそうな‥つい先ほど知りました(笑)。

先日、髭剃りをしていて痛いなぁと思ったら網刃に穴が‥メーカーは剃り味を維持するために 18 ヶ月ごとに内刃ともども交換すべしと言っているのですが、少なくとも 10 年くらいは使ってしまったような気がします。それに‥鬚の長さを調節する部品が壊れてしまっていたので、思い切って本体ごと交換することにしました。何せヒゲにはあまり困っていないし色々と調べるのも面倒‥で、結局は後継製品になりました。

BRAUN cruZer6 face の構成
RICOH GX200 28mm ISO80 F3.8 1/32 EV0

これが中身‥見た目がちょっぴり安っぽくなった感じに見えますが、まぁコストダウンはされているんでしょうね。以前の値段は全然覚えていないのですが、こいつは 6000 円程度。安くもないけど高くもないボリュームゾーンの値段なのでしょうか?そもそも形が前のものと一緒なので、使い勝手が変わらずによいのですが、ひとつだけイマイチなのがコードを挿したまま使えないこと。おそらく水回りで使うことを考慮してのことだと思うのですが、ちょっと不便になりました。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |