14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2015年03月15日 (日)
■ 国連防災世界会議

国連防災世界会議@仙台
RICOH GX200 35mm ISO64 F5.8 1/760 EV+0.7

仙台に来た理由は‥国連防災世界会議のパブリック・フォーラムに出席するためなのでした。そのパブリック・フォーラム‥内容的には集合住宅の防災や減災はどうあるべきか?というものでしたが、薄々分かっていたような内容ではあったものの、大変参考になるものでした。最初は「私が行ってもあまり意味が無いのでは?」と思っていたのですが、東日本大震災を実際に経験した人たちの話を直接聞けたことは私にとって非常に有意義なものでした。

パブリック・フォーラムは午前中で終わったのですが、新幹線で来られていたカミさんのお知り合いと一緒に昼食を食べるために仙台駅の「牛たん通り」で牛たん定食を食べました。前回、仙台に来た時も、まずは「牛たん」ということで何も考えずに牛たん定食を食べましたけど、仙台に来たのであればまずはコレをいただきたいですよね‥。時期的にもう少し後のことであれば、迷わずに「ホヤ」を選んだと思うのですが、それはまた次の機会にしたいと思います。

牛たん 1.5 人前@牛たん通り店
RICOH GX200 28mm ISO135 F3.0 1/32 EV-0.3

昼食を堪能した後は自由時間‥。国道 45 号線を北側に辿ることで東日本大震災の追体験ができるのではないかと考え、国道 45 号線をひた走ります。松島まではよかったのですが、それ以上に北側に進んでみると震災復興はまだまだ現在進行形なのだと思わされました。一番ショックだったのは、国道 45 号線上に「津波が到達したところ」が大きな看板で逐一示されていたこと。未来へ残す教訓ということなんだろうけど‥。

結局、東松島、南三陸、気仙沼まで行ったあたりで時間切れになってしまいました。国道 45 号から国道 284 号に入ったので、気仙沼も端のほうを一部通過しただけでしたが、仙台から直接横浜に戻らないでよかったです。単に国道 45 号線をひたすら走っただけでしたが、建物の無い更地が続く場所に「あの日」を見た気がして心が痛みました。なので写真を撮ろうという気が起こらず、自分の脳裏に焼き付けただけでした。いずれ、さらに北側の町へも行ってみようと思います。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |