14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2015年03月20日 (金)
■ 色モノ柄モノ

Jack Wolfskinのフリース
RICOH GX200 28mm ISO154 F4.8 1/24 EV0

Steve Jobs のようにいつでも黒タートル‥なんていうのもそれはそれでカッコいいとは思うのですが、私の場合にはついつい色モノであるとか柄モノを選んでしまいます。そもそも年寄りになったら闇にまぎれてしまいそうな色合いの服装は余計に危ないと思っているので、年寄りこそ派手な格好をして欲しいと思っているのですが、高齢者の需要もさることながら供給面にも問題があるのかもしれませんね‥これは売れないだろう、みたいな。

まぁ、実際問題として落ち着いた色合いを好む人が多いのでしょう。例えばアウトドアブランドの服にしても、あ‥この色すごくイイ!と思うものってたいてい女性専用カラーだったりするんですよね。で、同じジャケットでも男性用のものには地味な色しか用意されていないということがほとんど‥。いつも言ってますけど、自然界はたいてい雄のほうが派手なのに、人間界の場合はどうして雌のほうが派手なんでしょう?(笑)

まぁ、男性用にキレイな色が用意されていないのは「そもそも売れない」ということが根底にあるでしょうから仕方ないとも思いますけどね。とはいえ、売れないからこそいいこともあるわけでして‥。それはセールで安くなってることが多いということです。写真の Jack Wolfskin のフリースも、フリース素材が今よりずっと高価だった頃に買ったものなのですが、売れないからか結構安くなっていた記憶があります。ずいぶんボロくなってきたけどまだまだ現役。十分派手で目立ちますし、爺さんになってもずっと着たいと思っている服です。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |