14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2015年04月03日 (金)
■ Adventure bike

frm April 2015 vol.57
RICOH GX200 28mm ISO154 F4.3 1/24 EV-0.3

アドベンチャー、またはアドベンチャー・ツアラーと呼ばれるカテゴリーの大型バイクがオッサン・ライダーに大人気‥みたいですが、その気持ちは何となく分からなくはありません。アドベンチャー・バイクはバイクに乗って旅をする‥そういったシチュエーションに最もマッチするカテゴリーであることは間違いないですし、そのような旅に憧れる人々の気持ちをうまく刺激していると思うのです。バイクに跨って日常を振り払い、どこか遠くへ行ってみたい‥そう思う人は多いことでしょう。

また、今は大型二輪免許が教習所で取れる時代になりましたから、若い頃に憧れた限定解除(以前の免許制度ではそう呼ばれていた)を金を払ってでも手に入れたい‥そう考えるオッサンも多いのでしょう。現に私の友人にも子供が大きくなってきて相手してもらえなくなったので大型バイクに手を出す‥という者が数名います。そのうちの 1 名は BMW GS に乗っているみたいなのですが、どうして BMW GS を選んだのかはいつか聞いてみたいと思っていることです。

そんなアドベンチャー・バイク‥写真の KTM 1290 SUPER ADVENTURE などは美しくてなかなかカッコいい 1 台です。先日行った東京モーターサイクルショーでも展示されており、もちろん跨ってみました。なのですが、私には「大きすぎる」という印象をどうしても拭い去れませんでした。世の中にはきっと私のように思っている人もそれなりにいると思うので、そんな人たちには、これまたモーターサイクルショーで展示されていた CRF250 RALLY がストライクなんだと思います。

かつてはデュアルパーパスなどと呼ばれていたものが今ではアドベンチャーと呼ばれるカテゴリーに分類されている‥そのように書いている人がいましたが、確かにそうかもしれません。デュアルパーパスだと「どっちつかず」という穿った見方もできますが、アドベンチャーと呼ぶだけで世界が一気に変わる感じですから、単なる呼称だけでも随分と得をしているかもしれませんが、バイクそのものが魅力的になってきているのも事実かと思います。アドベンチャー・バイク‥うん、実にいい響きですものね。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |