14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2015年04月17日 (金)
■ 運転士気分

京浜東北線の運転台
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/60 EV-0.3

水曜日に品川の二郎に行きましたが、帰りは北品川から京急に乗って職場に向かいました。何となく運転台の直後に乗って運転士的な視点を楽しんでいたら、子供の頃のことを思い出しましたね。子供が遠くに行こうとした場合、電車やバス等の公共交通機関に乗るというのがごく普通のことだと思います。子供の頃から自転車好きだった私でも、自転車では時間が掛かってしまう距離のところは電車に乗りましたし‥。

そんなとき、できるだけ先頭車両に乗って運転士目線で前を見ていたのです。鉄男成分は少なめでしたけど、電車の運転士になりたい!と思っていた頃もきっとあったはず。そんな感じで電車にしろバスにしろ、とにかく運転士の後ろの席が好きだった私なので、一昨日の体験で久しぶりにそんなことを思い出してしまったわけです。じゃあ今度は JR でも運転士目線を!ということで、昨日の JR は先頭車両に乗ってみました。

昔の JR はカーテンで閉ざされていることも多くて寂しい思いをしたものですが、今はサービス半分なのか見晴らしのよい景色が広がってます。それにしても運転台も昔のものとは大違いなんですね‥って、そりゃそうですよね。自分が子供の頃と同じだったら怖いですよ(笑)。という感じで久しぶりに運転士気分を味わってしまいました。当たり前だけど鉄道にはハンドルというものが存在しないのが改めて斬新でしたよ。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |