14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2015年05月03日 (日)
■ こしあぶら

油に映った新緑
RICOH GX200 28mm ISO154 F4.8 1/24 EV-0.3

天ぷらって普段はそれほど食べたいと思う料理ではありません。というのはあまり関係無いと思うのですが、家で天ぷらを食べることも少ないです。意外と手が掛かるということと、家で天ぷらをすると揚がってから食べるまでに時間が掛かってしまう‥ということも普段の生活から天ぷらが遠ざかっている理由のひとつだと思います。でも‥キャンプ場での天ぷらは、家での天ぷらと違って「出来立てをスグに食べる」ということが非常にやりやすいです。

こしあぶら
RICOH GX200 28mm ISO154 F3.4 1/26 EV-0.3

ということで、今日はキャンプでは久々となる天ぷらです。材料は道の駅で調達して‥と目論んでいたわけですが、今回は何と「こしあぶら」が手に入りました。こしあぶら‥などという名前はいい歳になるまで知らなかったのですが、一部の人にはタラの芽なんかより人気が高いそうです。そのせいかどうかは分かりませんが、道の駅で買ったこいつも結構な値段でしたね。それでも‥年に一度の楽しみですから高いなどと言わずに楽しまなくちゃ。

こしあぶら調理中
RICOH GX200 28mm ISO154 F3.8 1/26 EV-0.3

というわけで今日の主役のひとつは天ぷらでした。地面にセットしたシングルバーナーを使い、チキンフライヤーをみんなで囲んでワイワイやりながらの天ぷらは最高!普段はそれほど食べたいと思わないけど、キャンプの天ぷらは本当に旨くて次回もまた食べたいと思わせてくれますね。今回、こしあぶらの他には、こごみ、ウド、キノコ類などを揚げて楽しみました。娘らも大人になったので、子供の頃には見向きもしなかったものが旨いと感じるようになった‥などと言ってました。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |