14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2015年09月21日 (月)
■ 青森入り

「行くぜ、東北。」 ということで昨晩のうちに自宅を出発しました。もちろん、LEVORG に布団一式を積み込んで‥。暗くなってから布団を持って出かける自分たちを見て 「まるで夜逃げのよう」 だとカミさんと苦笑しました。今回の旅の目的地は青森。さすがに遠いですから高速道路を利用します。ということで、まずは関越練馬を目指しますが、第三京浜の出口から既に環八が渋滞中。これなら 246 で行ったほうがよかったのでは?という感じでしたので、次回の機会には試してみます。

しかし、青森に行くのに東北道ではなくて関越道ってどうして?と思われるかもしれませんが、日本中を走り回ってみたいと思っている私としては走ったことの無い道路を選ぶことが大事なのです。ですので、今回の青森行きには日本海側をひた走ってみようと考えた次第。ということで関越道なのでした。その関越道も結構久しぶりで関越トンネル手前から新潟方面は 10 年以上走っていないという 「ほぼ初走行モード」 で楽しめました。そして初日は日本海東北自動車道の豊栄 SA にておやすみなさい。

翌朝は神林岩船港から一般道へ降り、羽越本線と並んで走る国道 345 号線を北上。途中から国道 7 号線に変わり、山形県の西端を抜けます。今日は一体どこまで行けるのだろう?と来る前は思っていたのですが、渋滞する個所もほとんどなく快適な流れのため八郎潟あたりで昼食でした。八郎潟の北にある能代市から国道 7 号線は内陸部に入ってしまうため、海沿いを行く国道 101 号線にスイッチ。この辺りから先は全く来たことのないエリアです。いつしか道路は東に向きを変え、岩木山を眺めながらつがる市へ。

出来島最終氷期埋没林
RICOH GX200 28mm ISO64 F2.7 1/570 EV+0.3

この辺りで地図上に水色の池のようなものが多数目に入ってきました。「埋没林」 などという普段見慣れない漢字を目にしたこともあり、国道を逸れて県道 12 号線へ。で、何だかよく分からないけど行ってみたのが出来島最終氷期埋没林というわけ。観光地でも何でもないような寂しい場所でしたけど、私としてはこういうわけの分からないところに行くのが楽しいのです。しかし、こんなところまで鹿児島にある姶良カルデラの噴出物に覆われていたとは‥カルデラ噴火恐るべしって感じですよね。

国道 339 号線 竜泊ライン
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/176 EV-0.3

県道 12 号線を北上すると十三湖の先で国道 339 号線に入り、そのまま北上しつつ津軽半島北端の竜飛崎に向かいます。上の写真は竜飛崎にだいぶ近づいてきたあたりで撮った写真ですが、シルバーウィークにも関わらず自動車が非常に少なくて快適です。この辺りまで来るとさすがに遠くまで来たなぁという実感が湧いてきますね。そして脳内では石川さゆりの 「津軽海峡・冬景色」 がリフレイン(笑)。昭和なおじさんは竜飛崎とか津軽という言葉を聞くと条件反射的に思い出してしまう名曲なのです。

竜飛崎灯台
RICOH GX200 35mm ISO64 F4.6 1/90 EV-0.3

そうこうしているうちに竜飛崎に到着。勝手なイメージで申し訳ありませんが、青森に来たな~と一番感じた場所がここかもしれません。ちょうど日の入の時刻だったのですが、観光地なだけあってそれなりの数の観光客がいました‥って、自分も観光客ですけど。飛行機の中からしか眺めることの無かった場所に来ていることと、目の前に見える北海道が何とも言えずいい感じでした。で、日本海に沈む夕陽を見るのもいいのですが、暗くなる前に 「あそこ」 に行っておかねばなりません‥。

階段国道 339 号線
RICOH GX200 24mm ISO64 F2.9 1/52 EV+0.3

あそこ‥とは、国道界(?)では超有名な階段国道です。339 号線ということはさっき走ってきた道路ですが、この竜飛崎付近はごらんのとおり階段になっています。階段ですし狭いですから自動車が通行できるはずもなく‥。トライアル車くらいなら楽勝かもしれませんけど、通行したら捕まったりするのでしょうかね?国道標識はあっても通行を禁止するような標識は見当たらなかったので道交法によって罰せられることは無さそうですが、誰かチャレンジした人はいないのかしら?

日没となり暗くなってきたので、津軽半島の東側を走る国道 280 号線を通って青森の市街地へ。青森の市街地付近だけ猛烈雨が降っているという状況だったので歩き回る気にならず、駅近くの繁華街にある居酒屋に入っての食事でした。カミさんのみ飲酒付き(羨)。食事後は 「青森まちなかおんせん」 でひと風呂あびて、国道 7 号線で少しだけ南下。道の駅なみおかアップルヒルが今晩の宿泊地です。この道の駅は青森駅からそこそこ近いせいか、車中泊観光客で結構賑わってましたね。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |