14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2015年09月23日 (水)
■ 陸中海岸

八幡平アスピーテラインより
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/620 EV-0.3

さて、今日はどうしましょう?外周をぐるっとなぞった程度ですが青森県内は軽く回ったので、時間を掛けてゆっくり回るか別のところに行くか‥。地図を眺めて気づきましたけど、岩手県の沿岸部って行ったことがありません。では、今日は岩手県の沿岸を走りつつ南下することにしましょう。ということで、まずは国道 7 号線から国道 282 号線に入り八幡平を目指します。八幡平は娘らがまだ小さい頃に秋田に行った際に通過して以来。八幡平アスピーテラインの途中で引き返して八幡平樹海ライン(県道 318, 212 号線)へ。

北山崎
RICOH GX200 35mm ISO64 F4.6 1/380 EV-0.3

山を下ったら県道 257 号線を通って道の駅石神の丘にて早目のお昼を。そこから国道 281 号線、国道 340 号線、県道 173 号線、国道 45 号線を通って普代という海沿いの村へ。そこから県道 44 号線で南下するとすぐに現れるのが北山崎展望台です。展望台から見た南側の風景が上の写真。土産物屋も何店舗か建っている観光地のようですが、人はさほど多くなく大間などに比べると静かな場所でした。それにしてもなかなかの高度感です。木々に邪魔されることなく下まで見渡せたらさぞスリル満点な感じがするでしょうね。

鵜の巣断崖
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/270 EV-0.3

北山崎を後にして少し南下し、国道 45 号線に入ってスグのところにあるのが鵜の巣断崖です。こんな崖の中腹にウミウやカワウの営巣地があることから 「鵜の巣」 断崖と名づけられているそうですが、鳥は飛べるので高さに対する恐怖心って無いんでしょうね‥そりゃそうか。間違いなく教科書に載っているような風景ですが、先ほどの北山崎よりさらに静かでした。やっぱり海の人気景勝地っていうものは岩に穴が開いてないとダメなのかねぇ‥と、カミさんと二人で変な結論を出してみましたが(笑)。

鵜の巣断崖から先は国道 45 号線をひたすら走ります。東日本大震災の際の津波によって町が根こそぎ無くなってしまったエリアが続く国道 45 号線沿いは、昨年の秋に南三陸から気仙沼あたりまでを走ったときもそうでしたけど、心が締め付けられる風景が続きます。早くまた元気になって欲しいと願うばかり‥。釜石まで南下したところで国道 283 号線に入り西へ向かいます。以前からちょっと行ってみたかった遠野を通過しましたが、遠野の駅付近の国道沿いはどこにでもある地方のバイパス沿いの風景でちょっとガッカリ‥って、そりゃ町中全体が民話の中のようになっているわけありませんよね‥。


RICOH GX200 28mm ISO154 F2.7 1/5 EV-0.3

遠野を過ぎたら時間短縮のために花巻自動車道を少し走って花巻の町で晩ごはんにしました。魚が続いたから‥というわけではないと思いますが、カミさんが狙いを定めたのはポパイという白金豚(プラチナポーク)のアンテナショップなのだとか。私はブルートハンバーグという大きいサイズ(250g)とピラフの組み合わせをいただきました。食事の後、県道 103 号線、国道 107 号線を使って西へ。国道 107 号線に不通区間があるとのことで少しだけ秋田自動車道を使いましたが、再び国道 107 号線から国道 13 号線に入って南下。道の駅おがちで今晩はおやすみなさい。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |