14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2015年09月24日 (木)
■ できるだけ南下

みそ焼ステーキ@吉亭
RICOH GX200 28mm ISO77 F2.7 1/32 EV-0.3

明日は仕事ですが今日は休暇を取っているので今日のうちに自宅に到着すればオッケーです。ここから栗駒を通って平泉に抜けるという案もあったのですが、できるだけ南下してみようということになり国道 13 号線をひたすら南下するルートを選びました。ここは、かつて羽州街道と呼ばれていた由緒ある街道らしいです。しかし、初日からずっとそうなのですが、地方の道路って空いていてステキですね。今朝は遅めの出発でしたが、昼には米沢まで来たのでホンのちょっと奮発して米沢牛のステーをいただきました。和風と味噌焼っていうのがあったのですが、歴史がありそうに思われた味噌焼を選択。美味かった。

西吾妻スカイバレーより飯豊連峰方面
RICOH GX200 72mm ISO64 F5.0 1/380 EV-0.3

米沢からは県道 2 号線(西吾妻スカイバレー)を使って猪苗代方面へ南下。白布温泉あたりから勾配がキツくなり、つづら折れの道路で高度を急激に稼ぐと白布峠を越えて福島県に入ります。この道路はかつて逆方向に走ったことがあるけれど、調子こいて走っていたらブレーキがフェードしたっけ‥。昨日まではよい天気でしたが今日は曇りがちの 1 日。視界はそこそこでしたががスカッと抜けるような青空ではないため、気分的にもちょっとどんよりといった感じですね。上の写真は福島県側に入って少ししたところから撮った飯豊連峰‥ですかね。とても美しい山だそうで、行ってみたくなりますねぇ。

桧原湖と磐梯山
RICOH GX200 50mm ISO64 F4.9 1/380 EV-0.3

同じ場所から南側を望むと桧原湖と磐梯山が見えます。この辺りは子供の頃に家族旅行で来たことがあったような気がします。結婚して長女が生まれる少し前にもカミさんと来たっけ‥。そして、かつて逆方向に走ったのは二人の娘が生まれた後。東北エリアの中でも比較的来ている土地かもしれません。写真を撮ったあと、山道を一気に駆け下りて桧原湖西側を走る県道 64 号線を通って麓まで。そのまま 64 号線を走って会津若松方面に向かうと何とシグマの会津工場のすぐ脇を通るではありませんか!シグマファンとしては嬉しい限りです‥が、最近 DP 全然使ってません。ごめんなさい。

首都高速中央環状線大橋ジャンクション手前
RICOH GX200 28mm ISO77 F2.7 1/32 EV-0.3

国道 49 号線、国道 118 号線を通って会津若松の駅近くで二郎発見(笑)。次回は食べに来ようと思います。国道 121 号線に入ってそのまま日光あたりまで抜けようと思ったのですが、下の娘が熱出して寝てるという LINE が入ってきたので、早めに東北道に入ろうということになり国道 289 号線を抜けて白河から東北道入り。東北道自体はさほど渋滞もなくいい調子でしたが、さすがに首都高に入ったら渋滞です。初めて走った中央環状線の大橋ジャンクション手前などは大渋滞。地方道が快適だっただけに、飛びぬけて酷い感じがしましたね。やはり東京都内は自動車で走るところではありませんな。

この後、首都高 3 号線からそのまま東名に入り、川崎で降りてほどなく自宅に到着。最後の渋滞で悪化しましたけど、全行程で 15.9km/L の燃費を記録しました。ということで車中泊で行く青森の旅も無事に終了。総走行距離は 2,600km あまりになりましたが、一般道の走行割合を考えたら結構な距離を走ったと思います。これでやっと日本国内の都道府県全てに足を踏み入れましたので、次回以降はよりディープな部分を狙ってみよう‥。ひとまず、次の車中泊プチ旅行は来月末の予定です。今年は冬に向けてウィンタータイヤを手に入れる予定なので、そろそろタイヤの調査も開始しなくては!

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |