14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2015年10月07日 (水)
■ 秋晴れ冬晴れ

雲ひとつない青空
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/270 EV-0.3

水曜日は自宅勤務の日です。自宅勤務の日は通勤時間がゼロなので、時間を無駄なく使えるのが非常にありがたいです。昔と違って在宅勤務が可能な仕事は増えていると思うのですが、在宅勤務の割合って増えているのでしょうかね?私の職種は在宅勤務メインにするのも十分に可能なのですが、在宅勤務を基本にしてしまうと自転車通勤が無くなって運動をしなくなってしまうことが問題になります。といった、しょうもない理由が在宅勤務メインにシフトしていない理由だったりするわけで‥。

現在のオフィスは窓際から遠い席なのと、自席から遠くにある窓も基本的にブラインドが下げられている状態なもので、外の天気の雰囲気を感じないうちに夜になるということも多いです。しかし、自宅オフィスの日にはリビング(正確にはダイニング)の窓際で仕事をしていますから、太陽の位置や天気の変化を感じながら仕事をすることになります。また、最近は昼食を摂りにセンター北まで往復しているので、天気のよい日は昼休みの緑道が非常に心地よいです。これは本当に嬉しい。

今日の昼は雲ひとつない青空でしたので、それはそれはキモチのいい風景でした。ちなみにこんな感じの雲のない青空って何と言うのでしょうか?秋晴れ?それとも冬晴れ?一般的には秋晴れというらしいですけど、私の秋晴れのイメージは巻雲などの高層雲が少し掛かっている青空‥なんですよね。雲ひとつない青空は私の中では冬晴れ‥なのです。ですので、写真のような青空は冬晴れなのでした。ま、どっちでもいいですけどね。それにしてもいい天気だと嬉しくなります。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |