14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2016年02月24日 (水)
■ 毛糸の帽子

昔、カミさんに編んでもらった帽子
RICOH GX200 28mm ISO109 F2.7 1/32 EV-0.3

カミさんは子供の頃から手芸が大好きだったそうです。そんなことがあったからか、大学を出て最初に選んだ仕事は毛糸関連の仕事。社会人になる前から編み物とかよくやっていたけれど、社会人になってからは仕事関連ということもあって常に編み物ばっかりしていた気がします。おかげ様で大学生の頃から寒い時期に着るセーターを買った記憶がありません。いつもカミさん(当時はカミさんじゃないけど)が編んだセーターを着てたけど、それって究極の贅沢ですよね。

私が若い頃は 「冬に着るものはセーター」 と相場が決まっていた気がしますけど、フリースが世の中に出てきた後はセーターを着るような機会も無くなってしまい、カミさんも飽きたのかセーターを編むようなことは全くと言ってよいほどなくなりました。というか、そもそも編み物があまり流行っていないみたいですしね‥。そういう時こそ逆に新鮮に感じること間違いないので、昔、カミさんが気合入れて作ってくれたセーターでも着てみるかな。でも、どこに入れたっけ?(笑)

そんな感じで毛糸で編んでもらったものはすっかりご無沙汰になっていたのですが、ここ最近はちょっと寒い日が続いていることもあって、タンスにしまってあった毛糸の帽子を出して被っています。もちろんカミさんの作品なのですが、下手するとカミさんが上の娘の年齢とあまり違わない頃に編んでくれたものかもしれません‥。この帽子‥スキーに行きまくっていた大学生時代にはいつもこの帽子を被っていたような気が‥。あ~、やっぱりスキーがしたくなってきた。

横浜駅 | Top | 歩道橋
■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |