14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2016年02月27日 (土)
■ 墓って何だろう

お墓参り
RICOH GR 28mm ISO100 F4.5 1/500 EV-0.3

私の家系のお墓は結構遠いところにあるので、墓参りに行くのもそう簡単ではありません。私の親父が結構な歳になってきたこともあって自動車の運転は遠慮してもらうようにしたので、親父も墓参りに行くのがちょっと面倒になってしまっているようです。そうは言ってもほっぽらかしておくわけにも行かないので、両親を連れて墓参りに行ってきました。前回行ったときは旅行を兼ねて一泊でしたが今回は日帰りで‥。でも、何とか日帰りで行けるのでまだマシかも‥。

若い頃は墓なんて自分とは全然関係の無いもの‥くらいに思っていたバチ当たりな私ですが、この歳になると墓のことも少しは考えなければなりません。だいたい、1 日掛けて墓参りに行かなければならないというのも私が親父の歳になったらどうするんだろうなぁと思ってしまいます。ただ‥私とカミさんは意見が一致しているのですが、墓なんてどうでもいいのですよね。ご先祖様はともかく、自分が死んだあとは適当に散骨でもしてもらいたい‥って感じ。

そもそも私の憧れは鳥葬なんですが、日本じゃ無理だしなぁ‥。とりあえず自然に返して欲しいわけで墓石の下なんかに入りたくないのですよ。だいたい、死んだら墓に入る‥なんてことを繰り返していたら、ただでさえ狭い日本がそのうち墓だらけになっちゃうやないですか。だったらいっそのこと畑に撒いて野菜の肥料にでもしてもらったほうがマシというか‥いや、、私の骨なんかじゃ肥料にならないか(笑)。なんてことを墓参りしながら考えてしまいました。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |