14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2016年04月09日 (土)
■ 国道 152 号線

青崩峠
RICOH GR 28mm ISO100 F3.5 1/125 EV-0.3

今年、2 度目の車中泊旅行。車中泊旅行に行きたい!というのはカミさんが言いだしっぺなのですが、特にココに行きたいという想いがあるわけではないので、行き先は私が勝手に決めてよいことになってます(笑)。ということで、今回の旅行は国道 152 号線の旅。昨日の夜のうちに出かけて昨晩は新東名の遠州森町 PA で一晩を過ごしました。

遠州森町 PA は、いつも使っている NEOPASA 浜松よりずっと空いていていいかもしれません。遠州森町はスマート IC があるので、朝はそこから出て一旦浜松市街へ。国道 152 号線を全線走破するために国道の終点から走り始めたのでした。天竜川に絡みながら走る付近は山間の国道という感じですが、天竜川と分かれる付近からはいい感じになってきます。

青崩峠長野側
RICOH GR 28mm ISO100 F5.6 1/400 EV-0.3

水窪(みさくぼ)という街を越えるといよいよ何もない感じの山中に‥。突然、山中に相応しくない感じの立派な道路になる付近に国道 152 号線の不通区間である青崩峠への分かれ道があります。せっかく来たのだから青崩峠方面へ‥。ヤバすぎるくらいの急傾斜を上がっていくとちょっと開けたところに車が何台か止まってました。ここから先は徒歩で進むことになります。

ちょっとした山道を歩いていくと割とスグに青崩峠へ到着。文字通り青白い地質ですが、これまた文字通りグズグズに崩れているので国道指定はされていても道路を通せない‥ということなのでしょう。上の写真のように信州側の崩れっぷりはかなりのものでした。青崩峠は昔の秋葉街道が通っていたところだそうで、道は悪いながら北側へも歩いて行けることは可能だそうです。

道の駅遠山郷にて
RICOH GR 28mm ISO200 F3.5 1/125 EV-0.3

国道 152 号線の青崩峠は不通区間ですが、兵越峠を通る林道を走ることで信州側に行くことはできます。道路は狭いですが、走行する自動車もほとんどいないので楽しく走ることができます。高度を下げていくといつしか遠山郷へ。満開の桜がキレイな感じでした。時間的にはホンの少し早かったですが遠山郷の道の駅で昼食を摂りました。見事にコンビニが無く山奥感も半端無いです。

下栗の里から南アルプス
RICOH GR 28mm ISO100 F8.0 1/800 EV-0.3

遠山郷からさらに北上しますが、一旦脇にそれて下栗の里へ行ってみました。下栗の里は 「日本のチロル」 などと呼ばれているそうで、山間の急斜面に点在する家屋が独特の風景を見せてくれます。それにしても道路が狭いので、狭い道が苦手な人は行かないほうがいいかも‥。下栗の里からは南アルプスが綺麗に見渡せますが‥やっぱり今年は雪が少ない感じなんですかね?

国道152号線大鹿村北川
RICOH GR 28mm ISO400 F8.0 1/800 EV-0.3

下栗の里から再び国道 152 号線に戻り北上を続けます。このあと、もうひとつの不通区間である地蔵峠は蛇洞林道を使って北側の国道 152 号線に復帰。このあたりはいい感じの酷道区間が現れます。車通りも非常に少なく、道路に一時停止して写真を撮る‥なんてことをやっても迷惑の掛かりようがないのがいいところ。しばらくこんな感じの楽しい道路が続きます。

美和湖にある道の駅南アルプスむら長谷あたりまで来ればもう立派な道路に戻った感じでしょうか‥。しかし、今回は国道 152 号線完走が目標なので、さらに北上し分杭峠(パワースポットとして有名なんですね!)、茅野、白樺湖を通って起点の長野県上田まで行きました。国道に相応しい立派な区間はともかく山間の酷道区間はまた走ってみたい道路でしたね。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |