14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2016年05月03日 (火)
■ 襟裳岬‥は何も無い

襟裳岬灯台
RICOH GX200 28mm ISO64 F8.5 1/410 EV-0.3

一昨日、昨日と非常によい天候に恵まれましたが、今日は若干曇り気味のところが多いようです。今日はともかく明後日になると全国的に雨模様ということのようで、北海道も明後日は雨降りのところが多い模様。ということで今日以降の行動をどうしようかと非常に悩むところです。今回は道東方面をもう少し楽しみたいところなので、今日は南側に行ってみることにしました。目指すは襟裳岬です。ということで、海沿いの国道38号線から国道336号線に入り、通称 「黄金道路」 を通って襟裳岬に来ました。

襟裳岬より
RICOH GX200 50mm ISO64 F4.9 1/1000 EV+0.3

黄金道路は覆道が連続する道路だったようですが、近年は普通のトンネルに取って代わられるところが増えたのでしょう。走りやすくはなっているようですが、昔の方がきっと楽しく走れたのだろうなぁと思います。日高山脈が海に落ち込んだところが襟裳岬だそうで、なかなかの景色かと思いますが、残念なことに今日は視界があまりよろしくありません。とはいえ、ゼニガタアザラシの観察会をやっていて野生のアザラシを見ることができたのはラッキーだったかも。

十勝豚丼@いっぴん
RICOH GX200 28mm ISO154 F2.7 1/17 EV-0.3

その後、襟裳岬を回り込んだら国道235号線を北上、日高からは国道237号線、国道274号線を通って日勝峠を越えて帯広の街へ。日勝峠は気温が16度を上回り路面は全く問題無いのですが、数日前の雪の際にも蒔いたであろう融雪剤の白い色が何とも不気味な感じでした。とにかく北海道の皆さんはスピードが速いのでね‥。街中まで降りたら十勝名物の豚丼を楽しみました。夕食にはちょっと早い時間に行ったのですが、結構混んでましたね。やはりそれだけ市民に愛されている食べ物‥ということなのでしょうか。食事の後はお風呂を楽しみましたが、、こちらも結構混んでました。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |