14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2016年06月03日 (金)
■ 駐輪場が混んでいる

駐輪場が混んでいるときの止め方
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/64 EV-0.3

今日は自宅勤務の日。自宅勤務の日はたいてい昼食を食べにセンター北まで自転車で行ってます。お昼頃は買い物に出かけておられる奥様方も多く、駐輪場が結構混雑してるのですよね。最近はプレミア横浜脇の駐輪場に置いているのですが、モザイクモール脇の駐輪場もだいたい同じような感じ‥。隣り合う自転車の前輪を置く高さが変えてあり、互い違いに高さが変わることで面積あたりの駐輪可能台数を稼いでいる感じの造りです。

しかし‥それが威力を発揮するのは同じような形状の自転車を停めた場合。奥様方が乗られる自転車はアップハンドルで高い位置にグリップがある感じですが、私のドロップハンドルはそんなに低い位置じゃないけど、お買い物用のみなさんの自転車に比べるとずっと低いです‥。かつ、奥様方はただでさえ重たい自転車なので低いほうを選びたくなるわけで‥それもまた私の自転車の駐輪を困難にする要因にもなってしまっているわけでして‥。

要はハンドルが干渉してしまってラックに自転車を止めることができなくなってしまうのです。しかし‥空いているところが無い。そんなときは写真のようにして逆向きに止めてしまえば解決です。サドルの両サイドに出っ張りはありませんから、お互いのそもそも干渉しあうようなものが無い状態。なのでこうしてスッキリと収まるわけ。それはそうと‥写真の奥と手前でより強調されてしまっているけれど、サドルの幅ってこんなにも違うのね‥と改めて思いました。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |