14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2016年06月12日 (日)
■ 「奇跡の自然」 の守りかた

「奇跡の自然」 の守りかた 三浦半島・小網代の谷から 著 岸由二 柳瀬博一
RICOH GX200 28mm ISO154 F2.7 1/28 EV0

昨日、小網代の森に行ってみよう!と思ったのは実はこんな本を読んでみたからでもあります。順序としては、最初に佐々木俊尚さんの朝ツイで紹介されたのを見て、子供の頃に小網代付近に行ったことを思い出して読んでみたくなり、実際に買って読んでみたところ 「今度、小網代行ってみよう」 と思い、昨日実際に行ってみた‥という感じなのでした。昨日は一人で行ったということと、歩き回るにはあまり相応しくない格好だったので全部は行けませんでしたが‥。

小網代がいかに素晴らしいものなのかというのは本書の中でさんざん語られているのですが、川を基本とした流域が丸ごと残っているというのがとにかく重要なのだそうです。そんな貴重は自然をどうやって守って行ったのか‥というのが本書の内容なのですが、自然保護という言葉から受ける印象と現実とのギャップ、自然保護とは言ってもどんなゴールを目指すべきなのか‥といったことについて多くの示唆を与えてくれる良書だと感じました。

そんな小網代の森は規模こそ小さいですが、世界的に見てもなかなか貴重なものらしいですよ。そんな素晴らしい奇跡の自然が神奈川のそう遠くないところにあって、思い立ったらフラっと行けちゃうところにある‥というのも私にとってはなかなかの奇跡なのかもしれません。昨日はホンの一部に触れてみただけですが、季節ごとに訪れたい場所ができたことはありがたいです。この本との出会いにも感謝‥といったところなんでしょうね。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |