14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2016年07月09日 (土)
■ sd Quattro は出たけれど‥

SIGMA sd Quattro
RICOH GX200 35mm ISO154 F2.9 1/18 EV+0.7

今年の CP+ に行って見て触ってきた‥という話題を書かないうちに SIGMA sd Quattro が発売になりました。CP+ で山木 CEO が 「夏前には出したい‥」 と仰っていたのですが、「SIGMA らしく大きくズレる」 ことなく 7 月 7 日に発売。夏前じゃなくてもう夏じゃないか!などというツッコミは無用です。これなら APS-H を搭載する sd Quattro H も山木 CEO の 「何とか年内に出したい」 という希望から大きくズレることなく達成されるのでは‥と期待できます。頑張ってくださいね~!と、エールを送っておきましょう。

さて、この sd Quattro は一眼レフではなくていわゆるミラーレスと呼ばれるタイプです。レフ機に Quattro センサーが載るのを期待していた私としてはちょっとガッカリだったのですが、Foveon の真価を発揮するためにはミラーショックでさえ邪魔なもの‥という解釈をすべきなのでしょう。sd1 はスタイリッシュだったのに、sd Quattro は最近の SIGMA らしい非常に個性的なデザイン‥と言えるかもしれませんし、シャッターの部分などはむしろ SD1 以前の SD15 に戻ったように見えなくもないです。

そんなことを色々と考えていたら、初めて見たときは 「何じゃ?この変テコリンな形は‥」 と思っていたのも、段々とカッコよく見えてきちゃったりするものだから不思議です。いよいよレンズ交換式カメラを買うときがやって来たのか?という気もするのですが、いいカメラ買って何を撮るんだろ‥という一番大事な部分が今ひとつモヤモヤしたままなのです‥。PC がパワーアップしたから、SPP も以前よりはマトモに動作するようになったはずだし、最近全然使ってない DP1x 持ち出してまずは Foveon に触れてみるかな。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |