14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2016年10月09日 (日)
■ 国道 42 号線

本州最南端を知らせる看板
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/189 EV-0.3

昨夜、三島の桜家でうなぎ重箱をいただいたあとは、長泉沼津から新東名に入って西を目指します。新東名をそのまま伊勢湾岸自動車道へ。大阪方面に行くのに昔は東名・名神しか無かったわけですが、今は新東名・伊勢湾・東名阪・新名神を使うほうがずっと走りやすく距離も短いみたいですね。しかし‥東名阪から新名神が分かれる亀山ジャンクションの看板は分かりにくかったなぁ。結局、昨晩は安濃 SA で一晩過ごし、伊勢自動車道を南下して紀勢自動車道に入ったところの勢和多気 IC で降りました。

潮岬の石碑
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/189 EV-0.3

先を急ぐのであれば紀勢自動車道で尾鷲まで行くわけですが、今日は熊野街道こと国道 42 号線を走ろうと思って高速を降りたわけです。国道 42 号線は 9 番目に長い国道だそうですが、フェリーが国道を担う 「海上区間」 がある面白い国道。海上区間は 2014 年の 11 月に経験しましたが、今回は国道 42 号線というだけではなくそもそも行ったことがない志摩あたりから南側に行ってみようと‥。途中、国道 260 号線に浮気したりしながらもひたすら国道 42 号線を走って本州最南端へ。あ、途中、橋杭岩は見ましたよ。

本州最南端のクレ崎
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/203 EV-0.3

せっかくだからと和歌山県道 41 号線を時計周りに走ったので、潮岬灯台より手前で本州最南端の 「クレ崎」 を見ました。潮岬灯台は駐車場が有料なのでパスしましたけど、紀伊大島の樫野崎灯台にでも行っておけばよかったなぁと後悔。まぁ、今日は天気がいまひとつでしたので、天気のよいときを狙っていつかまた来てみることにしましょう。再び国道 42 号線に戻ってさらに西へ。この辺りは海沿いの適度なワインディングで走っていて楽しいですし、天気がよかったら実に気持ち良さそうな道路ですね。

堅田丼@とれとれ市場
RICOH GX200 28mm ISO154 F2.7 1/32 EV-0.3

地元の車は全て紀勢自動車道の無料区間に吸い込まれていく感じでしたけど、私はもちろん国道 42 号線をひたすら走って白浜の 「とれとれ市場」 へ。南紀白浜の巨大海鮮マーケットということで人が多く集まる場所のようですね。フードコートで遅い昼ごはんをいただきましたが、注文レジのオバちゃんのテンポよい受け答えがマイクで拾われて食事中にずっと聞かされるのがちょっとなぁ‥という感じでしたかね。せっかく美味しいのにまるで餌を食べるのを急かされているように感じてしまうのが残念でした。

行ったことの無い場所で食事をするときには 「何これ?見たことない」 というものを選ぶのが私なのですが、とれとれ市場でいただいたのは写真の 「堅田丼(かたたどん)」 です。これは、とろろごはんの上にハマチと鯛の刺身、うずらの卵が乗った丼なのですが、とろろと刺身の相性がなかなかよくてウマいです。この堅田丼、、とれとれ市場オリジナルなのか、昔から地元で親しまれてきたものなのかは分かりませんでしたが、見た目がもっと派手でついつい食べたくなる丼より美味いと思いますよ。

この後、夕食用に寿司の握りを買って、とれとれ市場を後に‥。近くにある長生の湯というところで温泉を味わった後は、国道 42 号線と別れて国道 311 号線へ。途中で暗くなりましたけど、地元の方々は‥いやぁ、飛ばす飛ばす。紀伊半島の道路は面白いね~などといいつつ、国道 42 号線沿いとは打って変わって山の中に入って来た感じです。道路はいつか国道 168 号線にぶつかるので左折して熊野本宮大社方面へ。道の駅奥熊野ほんぐうが今日の宿泊地。星がよく見えてキレイな夜でした。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |