14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2016年10月10日 (月)
■ 熊野本宮大社

「道の駅奥熊野ほんぐう」 にて
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/290 EV-0.3

昨日の午後からようやく天気が回復。国道 311 号線を走っているときにキレイな夕焼けが見れたし、道の駅で夜中にトイレに行ったときも星がとてもキレイに見えたので期待してたけど、朝起きたらこんな感じの青空で気分は盛り上がります。朝、隣の車のおじさんが声を掛けてきたけれど、練馬からいらしていたそうで、そのまた隣のおじさんは茅ヶ崎から来ているとか何とか‥。車中泊していた車はそう多くなかったけれど、旅先で地元が近い人にあうと妙な親近感がわきますね。

熊野本宮大社大鳥居
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/45 EV-0.3

せっかく奥熊野まで来たことだし‥と、早朝(と言っても 7 時くらいですが)の熊野本宮大社に行ってきました。カミさんは学生時代に巫女さんのバイトをしていたこともあり、神社系のことは色々と知っています。個人的にはどちらかというと神社よりも仏閣のほうに興味があるわけですが、それは仏像を見るのが好きだから‥なのかな。ご神体を拝む‥なんてことはなかなかできませんしね。そもそも神様にカメラを向けるのはご法度だそうで、下の写真の総門より先はカメラ禁止です。

熊野本宮大社総門
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/45 EV-0.3

神職の方や巫女さんも見かけましたけど、朝の 7 時過ぎは参拝客も数名程度で静かな熊野本宮大社を楽しめました。年末年始あたりになるとどれだけ人が溢れるのかね~、、などと想像しながら熊野本宮大社を後にしましたが、熊野本宮大社は新宮市にある熊野速玉大社、那智勝浦にある熊野那智大社と合わせた熊野三山として全国の熊野神社の総本山にあたるそうですね。でも、神社とはいいながら仏教的要素が強い(Wikipedia)だそうで‥色々と調べてみると面白そうです。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |