14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2016年10月30日 (日)
■ 奥只見シルバーライン・国道 352 号線

奥只見シルバーライン
RICOH GX200 28mm ISO154 F2.7 1s EV-0.3

今回の車中泊旅行のハイライト‥国道 352 号線。昨年、初めて国道 352 号線を走ったのは会津から小出に抜けるルートでしたが、今回は逆向きに進みます。抜けるような青空を期待していたのですが若干雲が多めなのが少し残念‥。今回は国道 352 号線をひたすら走るのではなく、新潟県道 50 号小出奥只見線‥通称 「奥只見シルバーライン」 を走ってみました。シルバーラインは全長の 80% がトンネルの中を走る変わった道路。ネタ的には面白いけど 18.1km もトンネルの中なので飽きます。そんなトンネルの先にあるのは奥只見ダム。バスツアーのコースになっているようで、年寄りが溢れかえる観光地になっていたのは驚きでした。

国道 352 号線
RICOH GX200 28mm ISO64 F4.8 1/250 EV-0.3

奥只見ダム見学は早々に引き上げて 「夏の思い出」 の歌がガンガンかかっている駐車場を後に国道 352 号線に戻ります。奥只見ダムに向かうときに知った銀山平に行くトンネル内分岐を左折して国道 352 号線へ。銀山平ということは枝折峠をパスしちゃったのか~とちょっと残念な気持ちになりましたが、枝折峠は次の機会に譲りましょう。上の写真は奥只見湖畔を半分くらい行ったところでしょうか‥対岸の国道の様子。山肌を削って道路にしている様子がよく分かります。この後、十二山神社に寄って銀山間歩(ぎんざんまぶ)と呼ばれる坑道跡を見てきました。雨の後で足元がちょっと悪かったですが、それにしても昔の人はどうやってこんなものを発見したのでしょうね。金銀財宝に対する人間の欲深さ‥を垣間見る感じでした。

山菜定食@山ん中
RICOH GX200 28mm ISO130 F2.7 1/32 EV-0.3

やがて奥只見湖が終わり、山の中に入りかけた(って、今までも山の中だけど)あたりで 「山ん中」 という食事処が目に付いたので入ってみました。写真は私がいただいた山菜定食で、カミさんがいただいたのはきのこ汁定食。山菜は美味いし、何と言っても米が美味かったです。今ではなかなかお目にかかれない 「おつりつきトイレ」 が変に懐かしかったお店でした。食事の後、雪化粧していた燧ヶ岳を写真に収める大量の爺さんに遭遇‥。自分もカメラを買ったらあの世界に足を踏み入れるのかと思うとカメラの購入が躊躇われてしまう風景でした(笑)。この後、桧枝岐まで下ったところで燧の湯という温泉に入りましたが、時間のせいもあって日曜日とは思えないほどに空いており、いい感じに癒されました。

国道 401 号線新鳥居峠
RICOH GX200 72mm ISO154 F5.0 1/45 EV-0.3

この先はどうしよう?ここ最近、東北方面に行くことが多かったので新潟から北陸方面を目指してみるかな‥ということで日本海側を目指します。どうせなら通ったことが無いところ‥ということで、国道 401 号線と国道 400 号線を使って国道 49 号線に向かいました。国道 401 号線には距離は短いものの酷道っぽいところもあって楽しめました。その後、国道 400 号線を経由して国道 49 号線を西へ向かいつつ、夕食の調達をしながら国道 290 号線に入って三条方面を目指します。前回、このあたりを通ったときに寄った道の駅パティオにいがたが綺麗だったことを思い出し、そこを今晩の宿にしました。新しいこともあってトイレが非常にキレイで気持ちいいのですが、夜間はそれが一部に縮小されてしまうのがちょっと残念でした。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |