14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2017年01月15日 (日)
■ トレイル歩き

杉林の中で見た杉の根
FUJIFILM XQ2 25mm ISO250 F3.6 1/30 EV-0.3

2014 年 5 月 4 日‥私が生まれて初めて、50 過ぎにして骨折した日です(骨折後の経緯は 「踵骨骨折」 のカテゴリーに書いてあるので、ここに辿り着いた踵骨骨折の方は参考になさってください)。今年の GW になれば、あれから 3 年が経過するので、骨折後 1000 日も間近‥という感じでしょう。3 年近くが経過し、骨折前と何ら変わらない生活になった‥と言いたいところなのですが、何の違和感もない右足に比べると、左足は違和感を覚えるときがあります。まぁ、それでも昨日程度の自転車散歩なら特に問題なくできますし、普段の生活に何か支障が出ているというほどではありませんが‥。

元々、自然の中を歩いたりすることが大好きなので、昨日行ってみた鶴見川源源流のちょっとしたトレイル歩きも久しぶりのワクワク感があってよかったですね。今の登山界は中高年だらけだそうですが、自転車ばかりではなく山登りもやってみようかな‥なんて思わせる魅力がちっぽけな里山であっても十分にありました。すぐに帰ってこられるお手軽さがいいので、昨日の里山歩き程度がいいのかもしれませんが。ただ、昨日、源源流のちょっとした里山を歩いて思ったのですが、不整地歩きは意外と手ごわいかも‥でした。トレランなんてとんでもない‥という感じだったのです。

昨日の場所が特にそうだったのですが、写真のように縦横無尽に木の根が張っているような場所は地面の形状が非常に複雑になっているため、足の置き場に頭を使います。こんな地形だと足首に掛かる負担が結構高く、求められる高度な柔軟性も必要になることでしょう。昨日、この道を歩いて感じたのは、こんなところを 1 日中ずっと歩いていたら左足首が悲鳴を上げるかもしれない‥でした。骨折して以来(というか、それ以前もですが)、このような場所を歩く機会がなかったせいだとは思いますが、こういう場所にも少しずつ足を運ぶことで足のリハビリがさらに進むのでは?‥と感じましたね。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |