14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2017年01月28日 (土)
■ 餅の代わりにお赤飯

お赤飯調理中
FUJIFILM XQ2 35mm ISO200 F3.6 1/100 EV-0.3

今日は毎年 1 月末に実施している自治会の 「餅つき大会」 の日です。1 週間前には少し心配されていた天気も問題なく、陽射したっぷりの暖かい日でした。天気がよくても昨日のような強風に吹かれてしまうと色々な意味で大変なのですが、そのようなこともなく素晴らしい 1 日になりました。これもみんなの日頃の行いがよいからだよね‥などと笑いながら冗談を言えるのは幸せなことです。でも、今年の餅つきは今までと大きく異なることがありました。それは餅を主役にできなかったこと。

昨年末、ノロウィルスなどによる感染性胃腸炎が流行し、横浜市では感染性胃腸炎の流行警報が発令されていました。都筑区は小さな子供も多いためか、横浜市の中でもダントツのトップの流行状況を示していたほどです。いくら注意したところで食中毒を出してしまっては元も子もないので、苦渋の決断ということで住民に餅を配るのを見送ることにしました。とはいえ、餅つきそのものを完全に止めてしまうのは今後のためにもよくないので、2 臼だけ餅つきパフォーマンスはやりましたけど‥。

準備は流行警報が出る前から進めていましたから餅米も購入済み‥さてどうしましょう?ということで選んだのがお赤飯です。しかし、餅つき大会でお赤飯を作るのは初めてのこと‥。それはそれで色々と大変だったみたいですが、結果的には美味しいお赤飯ができたのでヨシとしましょう。来年は今年のようなことがなく、普通に餅つきが再開できればいいのですが‥。ちなみに搗いた 2 臼は伸し餅にして役員配布にしました。伸し餅にしておけば食べる前に必ず加熱されますからね。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |