14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2017年02月06日 (月)
■ 厳寒期‥いつ卒業?

鶴見川から富士山と丹沢
FUJIFILM XQ2 100mm ISO100 F4.9 1/600 EV-0.3

先週末に静岡のほうに行って分かったのですが、今年の富士山はそれほどたくさん雪が積もっているという感じではないのですね。風向きの関係から富士山の積雪は神奈川県側のほうが標高の低いところまで雪が積もっていますし、自転車通勤時に見える富士山も上のほうだけしか見てないので例年どおりだとばかり思っていました‥。そんな富士山を横目で見つつ今日も自転車通勤‥2017 年の横浜自転車生活は今日で 14 日目、走行距離は 420km (通算 155 日目、4650km) になりました。

暦の上では春になったとはいえ、朝晩はまだ少し寒いです。自転車通勤時もパンツ下にはヒートテックのタイツを履いてますし、首にはフリースのマフラーを巻いた 「厳寒期スタイル」 がまだまだ続きそう。それでも今日は、「あ!少し暖かくなってきたかも」 と感じたのは、大げさな表現ですがタイツが少し暑かったし背中には少し汗をかいたから‥。通勤路から見る富士山はまだまだ真っ白ですが、丹沢の雪もだいぶ融けましたしね。暦の上だけじゃなくて実際に暖かくなるかな。

とはいえ、、自転車通勤の真冬スタイルに別れを告げるのって結構勇気がいるのです。いや、、勇気があるとか無いとかは関係なくて実際に薄着になると寒いですし、陽射しを浴びて走れる朝はともかく夜は冷たい風に体温を奪われるだけですからね‥。秋から冬になる時期は寒さにしぶとく耐えられるのですが、逆に冬から春に移り変わる時期はなかなか薄着になれません。これ‥毎年々々思うのですが、一度着こんだ服を脱ぐのってなかなか難しい。どうしてですかねぇ?

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |