14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2017年02月11日 (土)
■ 鶴見川源流+恩田川

白梅
FUJIFILM XQ2 50mm ISO100 F6.4 1/480 EV-0.3

今週末はちょいと仕事もしなければならないのですが、土日共に仕事に費やすほどアホな時間の使い方はしたくありません。幸いなことに今日も明日も天気がよさそうなこともあり、カミさんも今日はヨガに出掛けるということなので私は自転車に乗ることにしました。日々の自転車通勤の走行距離減対策として今年は休日自転車散歩を増やすつもりなのですが、今日はそのための鶴見川源流の泉探訪です。今日は比較的風も穏やかで暖かい‥白梅のいい香りが漂ってます。

丹沢も雪化粧
FUJIFILM XQ2 100mm ISO100 F9.0 1/480 EV-0.3

うちの近所では一昨日だけではなく昨日も雪が降りましたけど、ということは山のほうはもっと降っているはず‥。確かに途中から見える丹沢は白さを取り戻して真冬の様相になりました。写真は町田市野津田町付近から見た丹沢ですが、一番高いのが蛭ケ岳かしら?もうちょっと山が見えると嬉しいのですが、鶴見川を走りながら山が見える場所は限られています。いつものとおり、ここにあるセブンイレブンでトイレをお借りし、セブンカフェのコーヒーを飲んでしばし休憩。

日陰に残る雪
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F9.0 1/75 EV-0.3

一昨日、昨日に降った雪が日陰には残っていますね。ここは図師駐在所の近くですが、この付近では川の工事が行われています。川沿いの道ももっと伸ばしてくれるのかなぁ。

風情のある大泉寺バス停の待合室
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F3.6 1/220 EV-0.3

図師のあたりから先は普通の道路を走っていくわけですが、都道 155 号線を走って鶴見川源流の泉を目指します。途中、大泉寺という名前のバス停があるのですが、そこにある待合室。時間が完全に昭和で止まっている感じですよね。いつまで残っているのか分からないですし、毎回 「写真を撮っておこう」 と思いつつ通り過ぎてしまうのですが、今日は先に気付いて写真を撮れました。が‥次回以降は面倒くさがらずに内側とかも写真に収めておこうと思います。

鶴見川源流の泉付近の風景
FUJIFILM XQ2 35mm ISO100 F5.6 1/750 EV-0.3

そして、いつもの源流の泉に到着。仕事の同僚であり自転車散歩仲間 (と私が勝手に決めつけているだけですが) でもあるオネーサマの当面の目標がココに来ることなので、天気のよい暖かい日に自転車デートを企画せねば(笑)。ということで、鶴見川源流の泉も今年 4 回目です。さすがに 4 回も来ればだいぶ慣れてきた感じで、道路の具合もだいぶ覚えましたし何より近いと感じるようになってきました。それって脚力強化にも役立っているってことなんですかね?

恩田川に残る貴重な未舗装部分
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F5.6 1/640 EV-0.3

帰りは‥アレを食って帰ろうということで、今日は恩田川を下ることにしました。恩田川沿いの一部は私が自転車通勤で何年か走ったことのある道なのですが、そこを走るとさすがに懐かしい感じがします。そして今では緑区小山町付近に僅かに残る未舗装部分の感触を楽しみました。距離にして 400m 程度ではないでしょうかね‥いずれココも舗装化されてしまうと思いますので、時々走ってみたいと思います。そして中山まで来たら恩田川を離れてアレを食べに行くのです。

小ラーメンアブラカラメ@二郎中山駅前店
FUJIFILM XQ2 25mm ISO250 F3.6 1/30 EV-0.3

ハイ‥言わずとしれた二郎中山駅前店です。今日は 12 時半くらいに到着したのですが、いつもより並びが長い感じでした。ん~、待つなぁと思ったけれども食べようと思って来たので引き返すわけにも行かず‥結局食べてきました。もちろん小ラーメンをここ最近の定番コールであるアブラカラメで‥。カミさん対策でニンニク抜きにもだいぶ慣れてきたけれど、、アブラも我慢するようにしようかなぁ‥その分、少なめでもいいのでニンニク入れてみたいと思いました。

さすがに 1 月の勢いで行くのは難しいとしても、平均で月 2 回くらいの回数になると距離的にもいい感じになりそうな気がします。今年は今回で 4 回目ですから、目標回数にちょうど乗っている‥ということですね。ということはもっと欲張っておいたほうがいいのかな?距離的にはちょうどいい感じですから、休日に思い立ったらササッと出かければいい‥ということですかね。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |