14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2017年02月15日 (水)
■ 狭すぎる駐輪場

改装されたプレミアヨコハマの駐輪場
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F3.6 1/105 EV-0.3

今日は自宅勤務の日です。自宅勤務の日はセンター北に行き、ゆったりと昼食を摂って帰るという優雅(?)な勤務がいい感じです。まぁ、その分、朝は早くから夜も遅くまで‥通勤時間の分も仕事できるじゃん!という状態なのでちっとも優雅ではないのですが。で、センター北に行くには歩いても行けますけど、時間短縮のために当然自転車で行きます。もちろん、天気がよければ‥という条件は付きますけどね。そんな感じで今日も自転車に乗ってセンター北へ。

自転車はもちろん駅前にある駐輪場にとめますが、少し前にプレミアヨコハマの駐輪場が撤去されていたのです。その風景を見て、え‥駐輪場提供止めちゃうわけ?と思ったのですが、駐輪場の機械入れ替えとのこと。モザイクモールの駐輪場の機械のほうが古いように思うのですが、それはまぁどうでもいいことですね。その新しくなった駐輪場が今週の頭から使えるようになったので、今日は使ってみたわけですが‥。微妙に過密になっている気がしなくもない。

この手のラック式の駐輪場を使った人なら分かるかと思いますが、面積あたりの駐輪台数を稼ぐために隣接する自転車は前後に少しずらしてとめる仕組みになっています。ですが、最近の子乗せタイプの電動ママチャリは‥装備で横幅稼いでるし何より重い。結局、1 台おきにしか止められずに駐輪場の稼働率は最大で 50% です。一番手前の私の自転車だけが一段奥に入ってズレた位置になっているのが分かるでしょうか?端だから OK ですが、両隣が電動ママチャリなら躊躇う狭さです。

駐輪場設備って‥何かの規格に基づいて標準的なサイズが決められているのではないかと思うのですが、現在の主流になっている電動ママチャリにとっては正直言って狭すぎると思います。軽くて幅のない私の自転車でさえ、両隣が電動ママチャリになったら出し入れ困難(粗雑に扱われそうなので置きたくない‥が本音ですが)なのだから、そこへ横幅のある電動ママチャリを入れるのは女性にとっては至難の業。最大駐輪数を多少犠牲にしてでももう少しゆとりを持たせるべきです。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |