14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2017年04月30日 (日)
■ 国道 235 号線-236 号線-38 号線

とまチョップ?@道の駅ウトナイ湖
RICOH GR 28mm ISO100 F2.8 1/50 EV-0.3

ウトナイ湖は仕事で北海道に行くときに飛行機から見えるのでどのあたりか分かっています。36 号線は交通量も多そうだし少ないとはいえ飛行機の騒音もそれなりかな‥と思っていましたけど、あまり気になりませんでしたね。交通量が多いとは言っても関東圏とは比べ物にならない‥という感じなのでしょうか。朝起きたらウトナイ湖側のほうに行ってみましたがオオハクチョウがいましたね。で、それも取り入れたのが苫小牧のユルキャラらしい 「とまチョップ」 だそうですが、、何から名前を取ったのか‥難しい(笑)。苫小牧のみなさん、コレどうなんでしょ?

静内二十間道路
RICOH GR 28mm ISO100 F5.6 1/640 EV-0.3

今日は国道 36 号線から分かれて日高、浦河方面に国道 235 号線を走ります。途中、新ひだか町静内にある 「二十間道路桜並木」 という名所らしいところに寄ってみました。まだまだ桜には早いということは分かっていましたけれども‥蕾すらついているのかいないのかよく分からない感じでしたね。もちろん観光客などがいるはずもなく。しかし、これだけの規模で桜並木が楽しめるということは、満開の時期にはさすがに凄い人出になりそうです。さぞ美しいとは思いますが、人が多すぎて嫌になってしまいそう‥。満開になったのを想像しながら静かに走るのが私には向いてそうです。

国道 236 号線を登る
RICOH GR 28mm ISO100 F5.6 1/640 EV-0.3

再び国道 235 号線に戻り、襟裳岬方面に向かいますが今年は襟裳岬はパスします。室蘭にある国道 36 号線の終点が国道 235 号線の起点でもあるそうですが、浦河町で国道 235 号線は終点になって結果的に制覇したことになります‥国道 36 号線の終点側にわざわざ行っておいてよかった(笑)。235 号線の終点は 236 号線の終点でもあり、そのまま国道 236 号線を進むことになりました。少し進んだら海岸線沿いを離れ、野塚岳を目指した登りの山道になります。山道とは言っても北海道ですからスケールは大きく、シーズンにはまだ早いということで空いている‥ということかな。

焼肉色々!@帯広平和園
RICOH GR 28mm ISO320 F2.8 1/30 EV-0.3

山道を抜けて日高山脈の東側に降りたら、帯広目指して北上ルートに変わります。昨年、二晩ほどお世話になった中札内の道の駅は横を通っただけですが日曜日ということもあってか結構混んでましたね。そのまま帯広まで行くと国道 235 号線に引き続き国道 236 号線も制覇なのですが、起点に行く前にこれまた昨年行った平和園へ。ちょっと遅い昼ごはんでも少しゼイタクに‥なんて感じで焼肉をいただきました。カミさんにはビールどうぞ!としましたけど、私は当然飲めません。でも、頼んだノンアルコールビールがジョッキに入って出てきたのはいい感じでしたね。酔ってはいませんけど気分は酔っ払いです(笑)。

帯広平和園
RICOH GR 28mm ISO400 F5.6 1/640 EV-0.3

帯広に来たらついつい寄ってしまうだろう平和園を後にしたら国道 236 号線の起点まで行き、今日の夕食を調達しに帯広のイオンに行きました。車中泊旅行にもだいぶ慣れてきたので分かってきたのですが、夕食を贅沢にするよりは昼食を贅沢にするのがよいです。で、夕食は宿泊地の道の駅に着いてから車内で食べる‥というのが、食べて飲んで歯磨きしたらスグに寝られるということで優れていますね。まぁ、食べてスグに寝る‥というのはデブまっしぐらなのでよろしくないのですが。でも、人気店などで夕食を食べて‥とやってしまうと食事の後に移動時間が必要になってしまうのでイマイチということが分かってきました。今日は帯広で買い物をした後、国道 38 号線を東側に進み道の駅うらほろにて夕食+就寝となりました。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |