14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2017年07月22日 (土)
■ 箱根駅伝 5 区

国道 1 号線最高地点にて
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F5.6 1/300 EV-0.3

以前、何かの折に書いたと思いますが、箱根駅伝のコースを自転車で走ってみたいなぁと思ってました。もちろん、そんなことを思っているだけでは叶うはずもなく、かといって簡単に実現するはずもない‥という感じでした。しかし、月曜日に一度は行ってみたかった 「道志みち」 をそこそこ走れてしまったので、もしかしたら今なら箱根も登れちゃうんじゃね?ということで、天気がよさそうな今日は行けるところまで行ってみようと思い、箱根駅伝 5 区のゴールを目的地に見据えて箱根を目指しました。しかし、箱根は山登りのスタート地点に相当する小田原まで行くこと自体が結構大変です。とりあえず、私の自宅から相模川河口まで一気に行ける感じの県道 45 号線を選びましたけど、正直言ってこの道路はあまり走りたくない道路です。

箱根の登り口あたりに何とか到着したものの、本当にこのまま上がっていいものかどうか躊躇しましたが、嫌になったら途中で降りてくればいいや‥と思って登り始めました。そしたら‥キツいことキツこと‥。箱根駅伝の中継を見ていれば分かりますし、自動車やモーターサイクルで見れいれば嫌というほど分かるはずなのですが、実際に自転車で登ってみるのとはわけが違います。一体、何度休憩すればいいの?と思ってはいたものの意外と登れちゃったりして‥などという思いは早くも打ち砕かれました。結局、何度休憩したかわからないほど休んだあげく、やっとのことで国道 1 号線の最高地点に到着。自動車やモーターサイクルで通ると何とも思いませんけど、自転車で通過すると重みが違いますよねー。

箱根駅伝ゴールにて
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F8.0 1/340 EV-0.3

国道 1 号線の最高地点から駅伝 5 区のゴールに行くには少し山を下らねばならず、帰りのことを考えるともったいないのですが、当初の目標を信じて向かってみました。そしたらこんな立派な石碑が‥。これ、、反対側から見ると 「復路スタート」 になっていたりして芸が細かいです。登りと違って下りは 「これ以上楽なことはない」 というくらい違う世界な出来事でしたが、それはそれで楽しい体験でした。ヒルクライム好きの人は純粋に登りの苦しさがいい‥という人も多いのですが、私の場合は辛い登りも楽しいとは思うけど、下りの爽快さが絶大だよなーというのが正直なところです。今日の箱根の下りもそれなりに楽しかった‥。スグに次回行くのは難しいと思うけど、そう遠くないうちにまた行きたいと思いましたよ。ま、それはそうと筋肉強化‥ですよね?

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |