14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2017年10月08日 (日)
■ 国道 112 号線- 347 号線- 458 号線-山形福島県道 2 号線

米とさくらんぼのジェラート@道の駅寒河江チェリーランド
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F4.5 1/1300 EV-0.3

私の車中泊旅行のモチベーションになっているのは国道(酷道)走行を趣味にされている先輩方の様々な情報ですが、その中で今回の行先を決定づけたのは 「最後の未舗装国道」 という情報でした。国道マニアの方々には有名すぎると言ってよい 458 号線がそれ。山形県新庄市からスタートし、寒河江を通って上山市に至る 109.7km が今回の旅行の一番の目的です。行く前は未舗装区間だけでも走れればいいや‥なんて思っていたのですが、100km 程度なら制覇も簡単だろうということで、458 号線制覇が今日の目的になりました。酷道に挑む前の景気づけに(?)ってことで、道の駅寒河江にて米とさくらんぼのジェラートを食べたりして‥最近、甘いものに目が行くようになってしまって危険です(笑)。

国道 458 号線@肘折温泉付近
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F3.6 1/70 EV-0.3

まずは国道 458 号線の起点にあたる新庄までは国道 347 号線、13 号線を使って行きました。新庄からいよいよ 458 号線がスタート。国道が通っていない自治体が陳情して作らせたらしい 458 号線は、序盤に不思議な線を描きます。全体の 3 分の 1 ほどを走って肘折温泉郷を過ぎたところから見事な酷道区間が始まります。序盤はこんな感じで 「離合困難な」 区間が続きます。右手に川が流れているのですが、なかなかの高度差がある崖になっているにもかかわらず写真のようにガードレール的なものはありません。個人的にはこのようなガードレールの無い道路が大好きなので、酷道区間の序盤から異様に盛り上がってしまいました。この後しばらくして未舗装区間が顔を出しますが、そこはさすがに国道だけあって、良質なダートという感じでした。458 号線の酷道区間を走る意味はほぼ無いと思われますが、時折擦れ違う自動車やモーターサイクルに出会いました。もちろん、同好の士にあたる方々でしょうね‥。

国道 458 号線のフラットダート
FUJIFILM XQ2 25mm ISO200 F3.6 1/140 EV-0.3

たまには未舗装道路もいいもんだな~なんてワクワクしながら走っていたのですが、飽きるほどの未舗装区間があるわけではなく、あっけなく終わってしまいました。さすが国道だけあって、舗装化が徐々に進められているみたいです。大師峠という看板を過ぎて少し行くとダートが復活。所々に凹みはあるものの、写真のように良質のダートなので思いっきりスピードを上げて走りたい衝動にかられます‥もちろんやりませんけどね。大師峠から十部一峠までの間は昇り降りがあまりなく、いい感じのドライブを楽しめます。

国道 458 号線から見た月山
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F6.4 1/480 EV-0.3

途中、右手に月山を眺められるポイントがあったりしていい感じです。このあたりは舗装状況もよく、普通の道路と何ら変わりませんが、写真のところもそうだけど全体的にガードレールは少な目かもしれません(個人的には大好きです)。この後、ほどなくして十部一峠という、あまり峠っぽさを感じない峠に到着すると、そこからは下る一方で寒河江の街中に到着します。十部一峠には 「国道 112 号線まで 20km」 と書かれた看板があり、距離的には大したことありません。以前は十部一峠と寒河江の間にもわずかな未舗装区間があったようなのですが、未舗装区間と呼べるほどのものは無くなっていました。僅かなバンド状に未舗装な部分がありましたけど、なぜそんな感じに残っているのかは不明です。

寒河江まで降りた後は、普通の街中の道路と何ら変わらない‥と思ったら大間違いで、「知らぬ間に県道を走っている」 ということになります。え?ここが国道なの?と思う部分も多々‥最初のほうに書いたように 「国道の無い自治体に国道を通した」 という情報になるほど‥と思わされる区間をいくつか通過することになります。終点の上山に到着してからではかなり遅い昼食になってしまいそうだったので途中で一旦国道 458 号線を離れて昼食をとり、再び国道 458 号線を南下。上山市街を通過してほどなく、国道 13 号線(上山バイパス)に接続するところで終点を迎えました。今日は檜原湖湖畔にある道の駅裏磐梯に泊まろうということで、米沢までは国道 13 号線を走ります。

福島県道 2 号線西吾妻スカイバレーにて
FUJIFILM XQ2 ぐるっとパノラマで撮影

国道 13 号線は東北中央の大動脈な国道ですが、米沢へ向けて南下していると南陽市のあたりで有料の米沢南陽道路に無理矢理入れられてしまう感じがするのがいただけません。一応、「ここから有料道路」 みたいな巨大看板は出ているのですが、有料道路に入らずに米沢を目指すにはどうするの?ということが瞬間的に分からないのです。今回は先を急ぐので米沢南陽道路を通りましたけどね‥。米沢市街で夕食を調達したら少しスピードを上げて県道 2 号線を南下。残念ながら日没には間に合いませんでしたけど、日没後のマジックアワーを楽しむことはできました。

残照に淡く照らされる LEVORG STI
FUJIFILM XQ2 25mm ISO800 F1.8 1/60 EV-0.3

米沢と裏磐梯を結ぶ西吾妻スカイバレーは通り慣れた道ですが、こんな時間に来たのは初めてかもしれません。闇に沈んで行く磐梯山と檜原湖の風景が感動的でしたねぇ‥。写真を撮るにはだいぶ暗くなってしまいましたが、LEVORG STI のリアを入れて夕焼けの光で形を浮かび上がらせてみました。自分的に満足な写真になって嬉しいですが、こういう風景に出会えるのが旅行の楽しみかもしれません。この後、暗くなった県道 2 号線を檜原湖まで下り、檜原湖の西側を走る福島県道 64 号線に入って道の駅裏磐梯に泊まりました。道の駅裏磐梯は何度も来ていますけど車中泊は初めてです。車中泊らしい車が結構いましたけど、マナーの悪い人が少なくていい感じでしたね。また標高が高く、星空がキレイでした。

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |