14番目の焚火おやじ
焚火をこよなく愛するおやじの日々
Top | RSS | Admin
2019年03月22日 (金)
■ スキー試乗会 (2)

STÖCKLI LASER SX
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F5.0 1/1300 EV-0.3

ストックリの試乗会の続きです。まず最初は、STÖCKLI LASER SX から‥。個人的に SX のこの色が完全にツボだったことに加えて、GS と SL の中間的な位置づけなので 「ストックリを買うなら SX だ!」 と勝手に決めていたモデルです。そんな大本命のモデルだったので、今日の試乗会で 「最初に乗るのを敢えて避けてみた」 のでした。試乗した順に書いてませんよ、、というのは昨日書いたとおりなのですが、この SX に乗ったのは 4 本目でした。事前に色々と情報集めをしてアレコレ予想していたのですが、その予想のとおり SX はイイ板ですねぇ~。もしも、ストックリを買うなら再有力モデルのひとつと言っていいですね。いやぁ、それにしても見た目がめちゃくちゃカッコいいです。

STÖCKLI LASER MX と SX
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F9.0 1/340 EV-0.3

私が STÖCKLI LASER SX を試乗したタイミングで、カミさんが試乗したのは STÖCKLI LASER MX でした。MX はレディースモデルということらしいのと長さの関係で私は乗りませんでしたが‥。カミさんの感想としては 「とてもいい板なんだというのは分かるけど、自分はたぶん履きこなせない」 というものでした。そうか~、残念だ‥。もしも、カミさんが MX をメチャクチャ気に入って、買っちゃえ!なんてことになったら来シーズンからはこんな風景になっていたかもしれないのにねぇ。ちなみにカミさんは今履いているロシニョールの板に不満があって、買い替えたいとずっと思っています。20 年ぶり以上に再開したスキーということもあり、気持ち、板のグレート落としたからねぇ。

STÖCKLI LASER GS
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F7.1 1/280 EV-0.3

お次は STÖCKLI LASER GS です。GS FIS のデチューン板というか。GS FIS は 「ごめんなさい」 でしたけど、一般向け GS はいい感じです。今回の試乗にあたって 「大回り系の板が欲しい」 というのがそもそもの動機だったので、自分なりの大回りばかり試していたせいかもしれませんが、SX と GS の明確な違いを言葉にできません。そもそも私がやってる大回りは、一般的には中回りのほうが近いだろうから SX と GS の差異が出にくいところなのかもしれません。強いてあげると、SX のほうが後半が少しルーズな感じだった気がしますけど、きっと気のせいでしょう(笑)。あ、それと、来期モデルチェンジの板は中央部が黒いこのコスメチックになってますが、個人的には前モデルのほうがカッコいいと思います。

STÖCKLI LASER CX
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F5.6 1/350 EV-0.3

次は STÖCKLI LASER CX です。分類としては CX は小回り系ってことになるのでしょうか‥。そのせいなのか、CX もあまりこれといった印象がありません。他の方のレビューを見てみるとコブなどが楽しいようなのですが、コブを楽しまない私にはその良さがわからないモデル‥ということなのかしら?結構、オールマイティで大回り系もそつなくこなすらしいのですがね。あと、今履いている ATOMIC Redster MX がそうなのですが、派手好きな私としてはこの真っ黒な見た目が地味過ぎる‥っていうのもテンションが上がらない理由なのかもしれません。いやいや、、スキー板は滑り味が全てだろ!というのを理屈では理解できるのですが、見た目もやっぱり重要ですよねぇ‥。とはいえ、滑っている最中は全く視界に入っていないので、食事が終わった後に見つけやすい、、くらいしか貢献してないかもしれませんけどね。

STÖCKLI LASER SL
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F4.5 1/550 EV-0.3

そして、お次は STÖCKLI LASER SL です。SL も GS と同様に来期からモデルチェンジなので新コスメチックです。これは FIS SL のデチューン版。大回り系が欲しいというのがスタート地点なので、小回り系の最たるものである SL はそもそも視界の外。ですので、SL 買うのなら SL FIS のほうが絶対にいいよ!という店長さんの言うことを聞かずに SL FIS には乗らずに SL のみの試乗でした。いやいや、、GS FIS と SX FIS が共に手ごわすぎたので SL FIS だってそうでしょう?と思って試乗しなかっただけなのですが、今から思えば SL FIS も試してみればよかったかも‥。当たり前ですが小回りが気持ちいいです(さすがにこいつは小回りいっぱい試してみました)。とはいえ、私レベルの大回りもそつなくこなす感じなので、ストックリの SL を履く人が多い(というのは、あくまでも私の印象ですが)らしいのも頷けるところです。

STÖCKLI LASER WRT ST
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F4.5 1/320 EV-0.3

そして最後が STÖCKLI LASER WRT ST です。WRT ST とは Worldcup Racing Team Short Turn の略らしいのですが、ラディウスは SL よりも SX のほうが近い感じです。で、最後に持ってきた WRT ST ですが、実は今回の試乗会で最初に乗ったモデルなのでした。事前研究で WRT ST もなかなか面白そうなモデルだ、、と思っていたわけですが、前述のとおり派手な見た目も大事な私にとっては触手が動かないモデルだと思って最初に乗ったのです。が、が、最初に乗ったせいなのか逆に強烈な印象を受けることになりました。雪面に吸い付くようなエッジングと非常に軽い操作性に驚いていたのですが、実際に持ってみると 「うわっ、重いっ!」 と思わず言ってしまうほどなので、あの軽快感はどこから生まれるのか?と、不思議でたまりませんでした。試乗会前から目を付けていた SX もさることながら、WRT ST もヤバすぎるくらいの気持ちよさなので、SX と WRT ST はそれぞれ複数回試乗させていただき比べてみました。

悩む WRT ST と SX
FUJIFILM XQ2 25mm ISO100 F5.0 1/800 EV-0.3

こんな感じで多数のストックリを試乗させていただきましたが、カミさんは既に試乗を終えてスタッフの方々と談笑してました。でもって、何と来シーズンのオガサカ KEO'S KS-GX を注文済みでしたよ!(昔、オガサカに乗っていたので)うちのカミさんがオガサカ買っちゃったりしたら笑えるね~、、などと友人と話していたのですが現実になるとは‥。それもあって、欲しけりゃ買えば?なんていう甘いお言葉をかけていただきました(笑)。雪面にメッチャ映える SX と、最初の感動がすごかった WRT ST のどちらにするか、、当初、ATOMIC Redster MX との 2 本持ちにするかとも思っていたのですが、結局は一方だけしか持っていかないわけですし、価格がちょっと高いとか、見た目が地味だとか、その部分には目をつぶって WRT ST を注文してしまいました。来シーズンからは何とストックリ・ユーザーになります!

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL
Comment
Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL
■ この記事へのトラックバック
| Top |